試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2022年01月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
464
ISBN:
9784041113073

木曜日の子ども

  • 著者 重松 清
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2022年01月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
464
ISBN:
9784041113073

「世界の終わりを見たくはないか――?」 絶望の先を描き切った衝撃作!

7年前、旭ヶ丘の中学校で起きた、クラスメイト9人の無差別毒殺事件。結婚を機にその地に移った私は、妻の連れ子である14歳の晴彦との関係をうまく築けずにいた。晴彦は、犯人の上田祐太郎の面影があるらしい。上田が社会に復帰したこの夏、ある噂が流れる――世界の終わりを見せるため、ウエダサマが降臨した。やがて近所で飼い犬の変死、学校への脅迫が相次ぎ、私と晴彦の距離は縮まらないまま、再び「事件」が起きる。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

第一章 事件
第二章 面影
第三章 気配
第四章 最初の事件
第五章 メモ
第六章 噂
第七章 週末
第八章 七年前
第九章 第二の事件
第十章 約束された土地
第十一章 終わりの始まり
第十二章 世界の終わりにたたずむ者
第十三章 愚か者の涙

メディアミックス情報

NEWS

「木曜日の子ども」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 死に惹かれたり、死ぬしかないって思った事のある人にはしんどい内容かな、自分がそうだったから。人を巻き込んで平気な上田と高木の思想には心動かされないけど、虐待を受けてた摩耶やいじめられてた晴彦にとっては 死に惹かれたり、死ぬしかないって思った事のある人にはしんどい内容かな、自分がそうだったから。人を巻き込んで平気な上田と高木の思想には心動かされないけど、虐待を受けてた摩耶やいじめられてた晴彦にとっては自分の世界を終らせるか相手を殺すしかなかったわけで、その切実さに苦しくなった。清水はちゃんとお父さんになれるのか。〝「知る」というのは残酷なものだ。知ってしまうと、もう「信じる」ことができなくなってしまう〝や他にも共感できる言葉がたくさんあった。自分はこっち側の、木曜日の子どもに近い人間かもなって感じました。 …続きを読む
    夢現
    2022年01月29日
    3人がナイス!しています
  • 途中まではすごくおもしろかった。 後半度を超えた厨二病の人たちしか出てこなかったので疲れた。 この父親が気の毒で仕方がない。 途中まではすごくおもしろかった。 後半度を超えた厨二病の人たちしか出てこなかったので疲れた。 この父親が気の毒で仕方がない。
    Mariko
    2022年01月23日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品