ISOLA-十三番目の人格-

第3回 日本ホラー小説大賞 長編部門 佳作

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1999年12月22日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
328
ISBN:
9784048732055

第3回 日本ホラー小説大賞 長編部門 佳作

ISOLA-十三番目の人格-

  • 著者 貴志 祐介
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1999年12月22日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
328
ISBN:
9784048732055

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「ISOLA-十三番目の人格-」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 賀茂由香里は、人の強い感情を読みとることができるエンパス。震災ボランティアを通して多重人格者である少女千尋に出会い、彼女の心のケアに努める。やがて十三番目の人格・ISOLAに対面し、とても危険な存在で 賀茂由香里は、人の強い感情を読みとることができるエンパス。震災ボランティアを通して多重人格者である少女千尋に出会い、彼女の心のケアに努める。やがて十三番目の人格・ISOLAに対面し、とても危険な存在であることが分かる。阪神大震災を舞台にすることで、実話のような錯覚におちいる。千尋がどうなるのか、ISOLAの正体は何なのかが気になり先を読みたくなる面白い作品であった。 …続きを読む
    かずー
    2020年11月06日
    84人がナイス!しています
  • 他人の強い感情を読めるエンパスの能力は、使い方によっては人の為になるのかも知れない。でも、そんな力を持ってしまったら、とても生き辛いと思う。多重人格のそれぞれの人格は、元々の人格を守る為に生まれてきた 他人の強い感情を読めるエンパスの能力は、使い方によっては人の為になるのかも知れない。でも、そんな力を持ってしまったら、とても生き辛いと思う。多重人格のそれぞれの人格は、元々の人格を守る為に生まれてきたのだろうが、やはり、周囲からは奇異の目で見られるだろう。由香里も浩子も、千尋の人格を統合しようと尽力するが…。幼児期の不幸と虐待、臨死体験が千尋に与えた苦痛とISOLAが出逢ってしまったが故の、数々の悲劇。大切な人を失った由香里と、新たな人格が生まれてしまった千尋の今後が気になる。 …続きを読む
    とろこ
    2018年09月25日
    64人がナイス!しています
  • 貴志祐介氏の作品にハズレなし。最後の最後に落としてくれましたね貴志さん。 貴志祐介氏の作品にハズレなし。最後の最後に落としてくれましたね貴志さん。
    真澄
    2018年09月10日
    38人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品