巷説百物語

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1999年09月02日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
512
ISBN:
9784048731638

巷説百物語

  • 著者 京極 夏彦
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1999年09月02日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
512
ISBN:
9784048731638

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「巷説百物語」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 面白かったです。必殺仕事人を京極さんがアレンジしたと思わせるほど。世間の濃い闇の中で又市の鈴が鳴るとき、不可解な事件が綺麗に消えゆくような空気に包まれるのが心地よかったです。江戸時代ならではの景色に溶 面白かったです。必殺仕事人を京極さんがアレンジしたと思わせるほど。世間の濃い闇の中で又市の鈴が鳴るとき、不可解な事件が綺麗に消えゆくような空気に包まれるのが心地よかったです。江戸時代ならではの景色に溶け込む妖たちの姿。それは人々の様々な想いの象徴であるというのが美しさと妖しさを醸し出しているようでした。勧善懲悪に絡む妖怪という取り合わせがツボです。 …続きを読む
    優希
    2017年07月12日
    89人がナイス!しています
  • 単行本にて再読です。何度でも楽しめるというか、何度読んでも各話の結末にいちいち驚く自分のアタマの悪さに感謝です。この分だと『続巷説…』も楽しめる事間違いない。。本作の又市一味の仕事はまだまだジャブ程度 単行本にて再読です。何度でも楽しめるというか、何度読んでも各話の結末にいちいち驚く自分のアタマの悪さに感謝です。この分だと『続巷説…』も楽しめる事間違いない。。本作の又市一味の仕事はまだまだジャブ程度のもの。次作からの圧倒的な闇への対決は再読ながらワクワクします。又市曰く「生き残った者の心中にこそ…冥府はあるので御座居ます」との事。これつい先日『弔堂』の御主人も仰ってましたね。これこそ不変の理かもね★ …続きを読む
    勇波
    2017年01月04日
    70人がナイス!しています
  • 再読。初期を改めて読むと後期の「最後まで死だけは避ける」という姿勢からだいぶ外れてる冷酷な印象。けっこうガチの小悪党だよね又市。『舞首』の黒達磨は人数合わせの為「物のついで」で殺られてるし、恐ろしいの 再読。初期を改めて読むと後期の「最後まで死だけは避ける」という姿勢からだいぶ外れてる冷酷な印象。けっこうガチの小悪党だよね又市。『舞首』の黒達磨は人数合わせの為「物のついで」で殺られてるし、恐ろしいのは『芝衛門狸』で、「徳島藩主の依頼」「仕込みを合わせて半年の大仕事」「おぎんは人形師の留守中に女中に」諸々…ってことは、芝衛門の孫娘が殺されたのは不幸な事件じゃなく又一の仕掛けの一環(芝衛門に近づく口実)で実質又一が殺したようなもんじゃねーかと邪推できてまう。岡田将生、星野源、柄本明、蒼井優 …続きを読む
    たかゆき
    2016年12月12日
    24人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

京極 夏彦(きょうごく・なつひこ)

1963年、北海道生まれ。小説家、意匠家、全日本妖怪推進委員会肝煎。94年、『姑獲鳥の夏』でデビュー。96年『魍魎の匣』で日本推理作家協会賞、97年『嗤う伊右衛門』で泉鏡花文学賞、2003年『覘き小平次』で山本周五郎賞、04年『後巷説百物語』で直木賞、11年『西巷説百物語』で柴田錬三郎賞を受賞。著書多数。

最近チェックした商品