B面の夏

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1994年08月31日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
216
ISBN:
9784048714631

B面の夏

  • 著者 黛 まどか
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1994年08月31日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
216
ISBN:
9784048714631


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「B面の夏」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「失恋する」というタイムラインに乗っかった叙情的俳句。俳句っぽくない単語を選びつつも伝統を排除しない真摯さと恋する乙女の淫らさが交錯し面白いね。本のデザインもステキ。伊集院静と同じく「写真奪って緑陰に 「失恋する」というタイムラインに乗っかった叙情的俳句。俳句っぽくない単語を選びつつも伝統を排除しない真摯さと恋する乙女の淫らさが交錯し面白いね。本のデザインもステキ。伊集院静と同じく「写真奪って緑陰に走り込む」が一番好きかな。あとは「さよならを言ひかねて\bゐるあきつかな」が好きだね。俳句ものにはまる予感。 …続きを読む
    galoisbaobab
    2015年01月10日
    1人がナイス!しています
  • 「羅にきつと涙の似合ふひと」「香水の枕詞のごと匂ふ」「うしろからふいに目隠しされて秋」などが印象に残りました。 「羅にきつと涙の似合ふひと」「香水の枕詞のごと匂ふ」「うしろからふいに目隠しされて秋」などが印象に残りました。
    双海(ふたみ)
    2013年05月19日
    1人がナイス!しています
  • 時代感を含めて『サラダ記念日』を思い起こすなあ。恋愛が主題なのだと思うけど、若者の生きてゆく上での迷いが感じられた点が特に良かった。<風鈴をしまふと決めてからの音> 時代感を含めて『サラダ記念日』を思い起こすなあ。恋愛が主題なのだと思うけど、若者の生きてゆく上での迷いが感じられた点が特に良かった。<風鈴をしまふと決めてからの音>
    浦和みかん
    2016年12月20日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品