その瞬間 創作の現場 ひらめきの時

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2010年02月10日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
216
ISBN:
9784046214362

その瞬間 創作の現場 ひらめきの時

  • 著者 黛 まどか
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2010年02月10日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
216
ISBN:
9784046214362

『B面の夏』から『忘れ貝』まで、初めて明かす一句誕生までの光と影

2008年1月~09年12月まで、のべ100万人に配信された大人気携帯メールマガジン「週刊まどか歳時記」の単行本化。デビュー句集『B面の夏』から最新句集『忘れ貝』まで、初めて明かす一句誕生の光と影。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「その瞬間 創作の現場 ひらめきの時」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • この本を読んで「想像させてくれるというのも俳句の楽しみなのだなぁ」と思う。右ページに俳句、左ページにその句が生まれた時の情景や作者の思いが書いてある。なので、まずは右ページの俳句だけを読み、俳句を詠み この本を読んで「想像させてくれるというのも俳句の楽しみなのだなぁ」と思う。右ページに俳句、左ページにその句が生まれた時の情景や作者の思いが書いてある。なので、まずは右ページの俳句だけを読み、俳句を詠み終わってからまた初めに戻って、俳句+説明を読んだ。説明がないと、よくわからない句もあれば、説明を読んでしまって自分の想像が壊された句もあり。ただ、左ページの説明的エッセイには、共感できる言葉&考え方がたびたび出てきた。好きだった句は「青空は神のてのひら揚げひばり」「涼しげな眼をしていゐたり負け力士」 …続きを読む
    あやこ
    2019年07月11日
    2人がナイス!しています
  • 俳句と、それが詠まれた背景や歌にまつわるもろもろを自身で解説。たった17文字の文学。ただそれだけでも味わいはあるが、やはり補ってくれるものがあると、読み解く助けになり、さらに興味をひかれた。それにして 俳句と、それが詠まれた背景や歌にまつわるもろもろを自身で解説。たった17文字の文学。ただそれだけでも味わいはあるが、やはり補ってくれるものがあると、読み解く助けになり、さらに興味をひかれた。それにしても、さすが美しい日本語を操る人である。羨ましい。 …続きを読む
    仮ッ子
    2010年03月29日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品