星の旅人 スペイン「奥の細道」

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2009年09月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
178
ISBN:
9784043408023

星の旅人 スペイン「奥の細道」

  • 著者 黛 まどか
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2009年09月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
178
ISBN:
9784043408023

俳句新ブームの旗手による、聖地・サンチャゴ巡礼の旅

俳句界の気鋭が、「内なる道を求めて」歩き続けた48日間、800キロにわたる聖地・サンチャゴへの旅で見つけた感動と人との出会いを俳句とともに綴った、みずみずしい現代版『奥の細道』。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「星の旅人 スペイン「奥の細道」」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 俳人の黛まどか氏によるサンチャゴ巡礼の記録と俳句。前兆800キロ、そして現在でも死者が出ることもある巡礼の道を歩いている割には悲壮感がそれほど漂ってこないのは、黛氏の性格によるものか。巡礼とは目的地へ 俳人の黛まどか氏によるサンチャゴ巡礼の記録と俳句。前兆800キロ、そして現在でも死者が出ることもある巡礼の道を歩いている割には悲壮感がそれほど漂ってこないのは、黛氏の性格によるものか。巡礼とは目的地へ黙々と向かうことなのか、それとも寄り道をしたり野の花に目をやったりすることも許されるのか(黛氏は後者)ということに関する議論や、巡礼の段階に関する叙述が面白かった。SNS全盛の今だったら、また異なった巡礼になるのだろうか。 …続きを読む
    たな
    2018年08月20日
    6人がナイス!しています
  • 各話がそれこそ俳句のように短いのを良しとするか否か。私としては、もっと書き込んで欲しかった。特に盛り上がりのようなものも無いのだが、巡礼とはそういうものなのだろう。 各話がそれこそ俳句のように短いのを良しとするか否か。私としては、もっと書き込んで欲しかった。特に盛り上がりのようなものも無いのだが、巡礼とはそういうものなのだろう。
    barcarola
    2017年12月24日
    1人がナイス!しています
  • 彼女はパウロ・コエーリョの「星の巡礼」に触発されて旅に出たので、二重の意味で「聖地巡礼」なのかもしれない。サンチャゴ巡礼の道を徒歩で行く旅行記。コエーリョとはちょくちょく電話する仲。あとで「星の巡礼」 彼女はパウロ・コエーリョの「星の巡礼」に触発されて旅に出たので、二重の意味で「聖地巡礼」なのかもしれない。サンチャゴ巡礼の道を徒歩で行く旅行記。コエーリョとはちょくちょく電話する仲。あとで「星の巡礼」を読まなくちゃな…… 巡礼者にもバイブルにしている人がたくさんいるらしい。 …続きを読む
    erida
    2012年10月06日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品