愛の空間

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1999年08月04日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
439
ISBN:
9784047033078

愛の空間

  • 著者 井上 章一
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1999年08月04日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
439
ISBN:
9784047033078

野外性交はアブノーマルな楽しみとされているが、二〇世紀中頃までは日常的光景だった。日本人の男女が愛し合う場所はなぜ屋内に移ったのか? その過程と意味を報道記事・文学作品に探る、性愛の建築史!

〈目次〉
第一章 森の恋人たち
    皇居前広場
    『ぬれずろ草紙』の女たち
    占領軍兵士の性行動
    森へ行こう
    北海道の性愛事情
    「須磨子抱月物語」
    都市公園での性交渉
    しろうととくろうと
    野性の演出

第二章 芸者たちと、待合と
    待合とラブホテル
    男のあそびと水商売
    芸者を買う男たち
    売買春か性愛か
    抵抗した芸者たち
    芸娼妓の時代相
    風俗警察と、待合と
    警八風と、そのゆくえ
    船宿から待合へ
    風俗警察の防衛線

第三章 ソバ屋のできごと
    場所えらび
    ソバ屋へもくる芸者
    食と淫がわかれるまで
    東京名物とよばれた場所
    ソバ屋の北海道
    だるまがさわぐ店
    銘酒屋の女中たち
    別間をそなえた木賃宿

第四章 円宿時代
    郊外へ
    円タクと、円宿と
    円宿へいたるまで
    砂風呂の女給たち
    女中と鍵
    ダブルベッドがしめすこと
    アパートの女たち
    ラブにつられる男たち
    伝統とともに

第五章 鏡と風呂
    戦後復興
    クラゲのさかだち
    共同浴場
    家族風呂
    鏡の誘惑
    娼館のインテリア
    待合にあそぶ粋人たち
    最後の待合

第六章 ラブホテルの時代
    平安の王宮とベルサイユ
    女がよろこぶもの
    電動ベッドと回転ベッド
    電気アンマの可能性
    アワおどりもできる部屋
    赤線がきえてから
    「トルコ」とパンマ
    ラブホテルをつくるもの

第七章 意匠、風俗、そして警察
    クリスタルな部屋えらび
    ベッド・テクノロジーの終焉
    シティホテルへむかう恋
    性の呪縛をのりこえて
    ディズニーランド
    新風営法とラブホテル
    ビッグ・バン
    犯罪と風俗
  あとがき

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「愛の空間」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • あるシンポジウムで質疑応答の際、女性から言及され気になって図書館で借りた本。 日本人が愛の営み(あるいは、愛のない営み?)をどこで繰り広げてきたかを「建築物」に着目して膨大な資料を渉猟した挙げ句、40 あるシンポジウムで質疑応答の際、女性から言及され気になって図書館で借りた本。 日本人が愛の営み(あるいは、愛のない営み?)をどこで繰り広げてきたかを「建築物」に着目して膨大な資料を渉猟した挙げ句、400頁余の著作にまとめたもの。 こんなことを研究している人がいるのかとちょっと呆れる一方で、ニンマリと良くやったと讃辞を贈りたい。 皇居前広場のこと、蕎麦屋の二階の意味、その他諸々、大変面白く読ませて貰った。 学説?としては良く解らないが、社会風俗の勉強になった。 …続きを読む
    大阪のきんちゃん2
    2017年05月02日
    1人がナイス!しています
  • 近代の日本人はどこでセックスをしてきたのか。野原や公園など野外(!)、待合、ソバ屋(飲食店)、円宿、そしてラブホテルという場所の歴史を、小説や雑誌記事をたくさん引用しながら論じる。その歴史は売買春の歴 近代の日本人はどこでセックスをしてきたのか。野原や公園など野外(!)、待合、ソバ屋(飲食店)、円宿、そしてラブホテルという場所の歴史を、小説や雑誌記事をたくさん引用しながら論じる。その歴史は売買春の歴史とも重なる、というより売買春に先導されていることがよくわかる。最新のものとして登場した空間や意匠がすぐに古臭いもの、同時にある種ノスタルジックなものになっていくのが面白い。文体はやわらかいが、時代と論が行きつ戻りつして多少読みにくい。 …続きを読む
    Meroe
    2012年10月25日
    1人がナイス!しています
  • 近現代あたりの知られざる事情が!!鹿島茂の本に書かれてあった近現代のパリのレストラン事情と非常に似通っていて面白い。 近現代あたりの知られざる事情が!!鹿島茂の本に書かれてあった近現代のパリのレストラン事情と非常に似通っていて面白い。
    nranjen
    2016年05月09日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品