愛の空間 男と女はどこで結ばれてきたのか

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年10月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784044094904

愛の空間 男と女はどこで結ばれてきたのか

  • 著者 井上 章一
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年10月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784044094904

野外から密室へ――性愛の「聖地」はどう変わってきたのか

終戦直後、皇居前広場は巨大な野外性愛空間だった!? かつてカップルは愛し合う物陰を探して東京中を徘徊していた。しかし、待合、ソバ屋、円宿、ラブホテルなどの施設が誕生し、日本独特の意匠をこらした空間で結ばれるようになる。性行為専用の空間を持ち、趣向を求めるのは日本だけに見られる現象である。なぜ屋内を好み、意匠にこだわるようになったのか。日本人の男女が愛し合う場所の変遷を辿る、性愛空間の文化史。

もくじ

第1章  森の恋人たち
第2章  芸者たちと、待合と
第3章  ソバ屋のできごと
第4章  円宿時代
第5章  鏡と風呂

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「愛の空間 男と女はどこで結ばれてきたのか」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 先に(といっても、もう随分以前の1984年)『霊柩車の研究』(これはすごく面白いのだが、残念ながらもはや宮付きの霊柩車が姿を消して久しいので価値がやや下落)を上梓し、タナトスの次はエロスだというので本 先に(といっても、もう随分以前の1984年)『霊柩車の研究』(これはすごく面白いのだが、残念ながらもはや宮付きの霊柩車が姿を消して久しいので価値がやや下落)を上梓し、タナトスの次はエロスだというので本書が生まれた。膨大な小説群を渉猟し、そこから「愛の空間」を炙り出すというのが本書の取った方法。待合はともかく、宮城前広場や蕎麦屋の2階がそうした空間であったことは初めて知った。ただ、この人の著述にしては、やや面白みに欠けるような気がする。文庫化に際して、最近の動向の部分がカットされたことも影響しているか。 …続きを読む
    ヴェネツィア
    2019年03月25日
    338人がナイス!しています
  • ひとつ前に読んだ『性と愛の日本語講座』の中で、小谷野氏が「本書を書くに当たっては井上さんの方法にずいぶん刺激を受けた」と言挙げした一冊。折よく文庫化されていたので早速手に取る。ただし文庫版あとがきによ ひとつ前に読んだ『性と愛の日本語講座』の中で、小谷野氏が「本書を書くに当たっては井上さんの方法にずいぶん刺激を受けた」と言挙げした一冊。折よく文庫化されていたので早速手に取る。ただし文庫版あとがきによれば、元版の六章・七章は省いてあるらしい。それでも、「性愛の場所が屋内へかこいこまれる歴史をおいかけ」るというテーマ自体が新鮮に思えたし、かつてはいわゆる青姦つまり屋外での性行為が普通であったという事実にまず驚かされた。文学作品を中心に、回想録、新聞や雑誌の記事、ルポ、各種統計などの資料を幅広く駆使した労作。 …続きを読む
    ウイロウ
    2016年01月14日
    8人がナイス!しています
  • 皇居前広場がかつてはアオカンの名所だった……ていう掴みの部分から、日本の性愛をめぐる空間が屋外から屋内へと移り変わる過程を、雑誌や小説などから丹念に掬い上げている。待合と売春の関係、芸者とカフェ、「連 皇居前広場がかつてはアオカンの名所だった……ていう掴みの部分から、日本の性愛をめぐる空間が屋外から屋内へと移り変わる過程を、雑誌や小説などから丹念に掬い上げている。待合と売春の関係、芸者とカフェ、「連れ込み」とはかつては女→男の意味だったとか、そば屋や食べ物屋の二階の機能、鍵付きの空間というだけで「淫靡」とされた感性、都心と郊外と田舎での時間差や感覚差などなど、興味深い話がいっぱい。民俗史としてけっこう重要だと思うんだけど。なお単行本収録のラブホテル絡みの考察は、後日改めて論考とのことでカットされてる。 …続きを読む
    seichan
    2016年09月09日
    4人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品