妄想かもしれない日本の歴史

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2011年02月25日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
232
ISBN:
9784047034853

妄想かもしれない日本の歴史

  • 著者 井上 章一
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2011年02月25日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
232
ISBN:
9784047034853

放埓な想像力を杖に「妄想」から日本の歴史を読み直す。井上流日本史幻視行

楊貴妃は日本人? 淀君は大坂城で死ななかった? 歴史の隙間に顔を覗かせる奇説・珍説の数々。放埒な想像力を杖に、正史に影のようにつきまとう「妄想」から日本の歴史を読み直す、井上流日本史幻視紀行!

〈目次〉
まえがき

第一章 英雄たちの夢の跡
   将門の首塚と丸ノ内
   「本当の義経は北海道に来たんです」
   大名におちぶれて
   信長は、どう「敦盛」を舞ったのか
   坂本龍馬が浮かびあがるまで
   西郷隆盛は西南戦争で死ななかった?
   血染めのハンカチが語るもの

第二章 あやかしども、魅せられて
   羊と田胡碑──埋もれた十字架
   「たんたんたぬき……」を、さかのぼる
   名古屋にシャチがあふれる訳

第三章 キリスト教とキリシタン
   高野山にキリスト教はとどいたか
   島原の乱は、原城の下にうめられた
   『沈黙』の読みかた

第四章 関東か関西か
   「弥生式」「弥生時代」に異議あり
   邪馬台国はどこにあったのか
   源頼朝が娘にたくした夢
   『吾妻鏡』の「関西」は

第五章 美男と美女の物語
   采女のさだめ
   美しいし外交官──日本を代表する男たち
   楊貴妃は熱田神宮にねむっている
   小野小町の美人力
   淀君は利根川に
   ハリスとブロンホフから、女の歴史が見えてくる

第六章 建築幻視紀行
   三内丸山遺跡が、さかりをすぎた時
   大阪の池上曾根遺跡に神殿はあったのか
   法隆寺に“エンタシス”があるという物語
   出雲大社に原形は
   やまあいの一乗谷遺跡に、市中の山居を見る
   安土城の天守閣を復元する
   八紘の塔は、戦後も生きのびて
   「大和」は、永遠に世界最大の戦艦である

終章 日本中世史のえがき方

あとがき

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「妄想かもしれない日本の歴史」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 『美人論』で有名になった学者・井上章一の日本史エッセイ。かなり読み易い軽みのある文章だが、実に面白い。第1章はよく聞く話(龍馬英雄伝説や西郷星)も多く、ハズレかと思わせるが、2章からぐいぐい読ませる。 『美人論』で有名になった学者・井上章一の日本史エッセイ。かなり読み易い軽みのある文章だが、実に面白い。第1章はよく聞く話(龍馬英雄伝説や西郷星)も多く、ハズレかと思わせるが、2章からぐいぐい読ませる。4章5章が著者の真骨頂だろう。遣唐使は美男揃いだなんてロマンチック。信長の舞った敦盛の舞い方は不明。看護婦エロ視の起源。頼朝の朝廷への執着(関東関西で解釈が違う)。大化の改新での朝廷の美女集め。良い。 …続きを読む
    不織布マスク警察はマスク配れ・寺
    2013年03月26日
    16人がナイス!しています
  • 歴史観の補正に着手。2011年。大化改新により公地公民制、律令制ととともに采女も始まる。美人を朝廷に貢ぐことになるんだ、法規で。学校で教えなさいよ、ちゃんと。そんな国だ日本は。かつての天皇はやりたい放 歴史観の補正に着手。2011年。大化改新により公地公民制、律令制ととともに采女も始まる。美人を朝廷に貢ぐことになるんだ、法規で。学校で教えなさいよ、ちゃんと。そんな国だ日本は。かつての天皇はやりたい放題。「万葉集」「大和物語」にも采女の話あり。「日本書紀」は更に酷い記録、性奴隷状態。采女舞姫よろこび組。日本をさす倭は、「ちっぽけ」「みみっちい」との意味で中国が示したもの。“我こそは倭の国の〜”ってことはないわけだ。楊貴妃は日本人スパイ。「古事記」女装英雄ヤマトタケル。など。 …続きを読む
    tokkun1002
    2018年09月07日
    8人がナイス!しています
  • 将門の「たたり」、義経と西郷の生存説、羊太夫、たぬき、弥生式土器の名称、邪馬台国畿内説、熱田神宮と楊貴妃など、トンデモ俗説が生まれた背景や「あれ?」と引っかかるような歴史のあれこれを取り上げた一冊。弥 将門の「たたり」、義経と西郷の生存説、羊太夫、たぬき、弥生式土器の名称、邪馬台国畿内説、熱田神宮と楊貴妃など、トンデモ俗説が生まれた背景や「あれ?」と引っかかるような歴史のあれこれを取り上げた一冊。弥生式土器って名前、確かに変だよね。あと、邪馬台国畿内説が「確定した」ように語られるのはいまだに抵抗があるので、筆者のお言葉は心強かったです。 …続きを読む
    Gen Kato
    2018年06月07日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品