アルケミスト 夢を旅した少年

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1997年02月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
208
ISBN:
9784042750017

アルケミスト 夢を旅した少年

  • 著者 パウロ・コエーリョ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1997年02月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
208
ISBN:
9784042750017

81カ国語に翻訳。著名人も大絶賛の全世界8500万部の大ベストセラー!

(Q:あなたが読んだ本のなかで、本当にもっとも素晴らしかった本は何ですか?)

「パウロ・コエーリョの『アルケミスト』です。希望に満ちていて、元気をくれるから。宝物を探して旅にでる少年の話で、旅の途中で出会ったすべての人たち、すべての局面から、少年は多くを学んでいきます。物語の最後、少年が宝物を見つけたのは、とても意外な場所。自分を信じること、自分の旅を続けることの大切さを教えてくれる本です」

――ノーベル平和賞受賞 マララ・ユスフザイ


●「ニューヨーク・タイムズ」ベストセラー427週!
●81カ国語に翻訳!
●全世界8500万部の大ベストセラー!

[これまでに愛読書としてあげてくれた著名人]
オバマ元大統領、ウィル・スミス、ブリトニー・スピアーズ、マドンナ、オプラ・ウィンフリー、ラッセル・クロウ、ビル・クリントン、ジュリア・ロバーツ、ルイス・ハミルトン、森山未來、戸田恵梨香、中山美穂、元JUDY AND MARYのTAKUYA、サカナクションのボーカル・山口一郎ほか多数。

[パウロ・コエーリョからのメッセージ]
 『アルケミスト』を書いたとき、ぼくは存在理由を理解しようとしていたんだ。哲学的な約束をつくるのではなく、ぼくの魂の中に存在していた少年と語ろうと決めた。驚いたことに、この少年は世界中の数百万の人たちのなかで生きているんだ。この本で、ぼくは、答えがない質問を読者とシェアしたいんだ。それは、人生を素晴らしい冒険へと変えてくれる。


[本書の内容]
 半飼いの少年サンチャゴは、その夜もまた同じ夢を見た。一週間前にも見た、ピラミッドに宝物が隠されているという夢――。少年は夢を信じ、飼っていた羊たちを売り、ひとりエジプトに向かって旅にでる。
 アンダルシアの平原を出て、砂漠を越え、不思議な老人や錬金術師の導きと、さまざまな出会いと別れをとおし、少年は人生の知恵を学んでいく。
「前兆に従うこと」「心の声を聞くこと」「何かを強く望めば宇宙のすべてが協力して実現するように助けてくれること」――。
 長い旅のあと、ようやくたどり着いたピラミッドで、少年を待ち受けていたものとは――。人生の本当に大切なものを教えてくれる愛と勇気の物語。

メディアミックス情報

NEWS

「アルケミスト 夢を旅した少年」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ある意味では典型的なビルドゥングスロマンなのだが、ただし、これはもっぱら精神の鋭意における成長の軌跡の物語だ。そして、それはまさにタイトル通りに、少年がアルケミスト(錬金術師)になる過程を描くのだが、 ある意味では典型的なビルドゥングスロマンなのだが、ただし、これはもっぱら精神の鋭意における成長の軌跡の物語だ。そして、それはまさにタイトル通りに、少年がアルケミスト(錬金術師)になる過程を描くのだが、読者にはかなり早い段階から「宝物」が、物質的なものではなく、精神的なものであることは予想がつく。そして、それこそがまさに「賢者の石」に他ならないのである。湿潤で日本的な気候風土からは限りなく遠い砂漠の光景は、それだけで私たち読者を遥かなロマネスクの世界に誘う。そこは静寂と星々の煌く孤独の表象世界だ。 …続きを読む
    ヴェネツィア
    2014年09月26日
    753人がナイス!しています
  • 数多くの示唆を与えてくれる秀逸な1冊。本書のあとがきにもあるように、どことなく『星の王子さま』を髣髴させる。物語は単純であるのにもかかわらず、出来事の1つ1つがメタファー(隠喩・暗示)が込められていて 数多くの示唆を与えてくれる秀逸な1冊。本書のあとがきにもあるように、どことなく『星の王子さま』を髣髴させる。物語は単純であるのにもかかわらず、出来事の1つ1つがメタファー(隠喩・暗示)が込められていて、読者に不思議な感覚を味わせてくれる。探索の旅という形をとりながら、人生の旅を暗示する内容は、大人でも十分に楽しめる内容に仕上がっているのではないだろうか? …続きを読む
    ヴェルナーの日記
    2015年03月02日
    500人がナイス!しています
  • リオデジャネイロオリンピック開催に併せて再読。初めて読んだのは20年前。少年の成長を描いた冒険譚であり、周りの評判も高かった事もあり手にしたのだが、単調で予定調和ばかりのつまらない物語だと感じたものだ リオデジャネイロオリンピック開催に併せて再読。初めて読んだのは20年前。少年の成長を描いた冒険譚であり、周りの評判も高かった事もあり手にしたのだが、単調で予定調和ばかりのつまらない物語だと感じたものだ。あれから20年。読み返して思うのは、世の中はマクトゥーブということか。一日一日を大切に生きることこそが錬金術であり、自らにとって大切なものは、身近に間違いなく存在していることを示唆している一冊。「諦めなければ夢は叶う」とは訳者の言であるが、そんな単純な話ではないと思うのは、私が齢を重ねたという事なのだろう。 …続きを読む
    またおやぢ
    2016年08月14日
    306人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品