トランプ殺人事件

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1994年04月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041883044

トランプ殺人事件

  • 著者 竹本 健治
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1994年04月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041883044


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「トランプ殺人事件」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • Who, How, Why ではなく,What。ワッダニット=何が起きたのかを推理する小説だそうである。誰が何をしたのかも,どうやってやったのかも,なぜやったのかも問題ではなく,それらの行為が一体何な Who, How, Why ではなく,What。ワッダニット=何が起きたのかを推理する小説だそうである。誰が何をしたのかも,どうやってやったのかも,なぜやったのかも問題ではなく,それらの行為が一体何なのかを考えさせることを狙った作品。といっても,よく分からないので勝手に展開。一般に自分はこういう人間だ,こうに生きる,このために生まれた(死にゆく)ということを確立すると一人前の人間に思えるのだが,その安心に揺さぶりをかけてくる感じ。成る程あなたは立派な人間でいらっしゃる,ところでその人間というのは何ですか? …続きを読む
    空猫
    2017年10月27日
    18人がナイス!しています
  • 8点。傑作。前半部分は工藤という精神科医が書いた作中作。後半部分で,典子と智久が前半部分の謎を解く。この作品で最大のインパクトがあるのは「猿使いの患者」の存在。そのほか,コントラクト・ブリッジについて 8点。傑作。前半部分は工藤という精神科医が書いた作中作。後半部分で,典子と智久が前半部分の謎を解く。この作品で最大のインパクトがあるのは「猿使いの患者」の存在。そのほか,コントラクト・ブリッジについての解説やトランプについてのうんちくがみっちり。いくつかの暗号まで入っている。ときおり,その段階で理解が困難な章が挟まるなど,竹本健治作品特有の読みにくさがある。最後まで読むと,人間が狂気に落ちていく様を読むような怖さがある。その怖さを和らげる典子や智久のキャラクターは見事。構成に無駄がなく見事な仕上がり …続きを読む
    やまだん
    2018年05月05日
    9人がナイス!しています
  • ホネガイだ。どうぶつの森でよく売ってたなぁ……というのは置いといて。ミステリ好きの方に薦めてもらったんだけど、ちょっと意外だった。本格派ミステリを好む様子だったので、こういう精神倒錯の要素を許す人なの ホネガイだ。どうぶつの森でよく売ってたなぁ……というのは置いといて。ミステリ好きの方に薦めてもらったんだけど、ちょっと意外だった。本格派ミステリを好む様子だったので、こういう精神倒錯の要素を許す人なのかと。今作はメタフィクションという手法がとられているらしいですね。暗号とかほえーとなりながら、最後天野さんの書いた小説の気味の悪さがここに直結するかと唸りました。そもそも閉じ箱が抜群に好みだったので(少し読んだだけ)、だいぶ好きです。患者が分裂症の末に自殺する理由を作り出したという流れが面白くてどうしよう。 …続きを読む
    Em
    2019年05月04日
    8人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品