閉じ箱

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1997年11月28日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
480
ISBN:
9784041883068

閉じ箱

  • 著者 竹本 健治
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1997年11月28日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
480
ISBN:
9784041883068


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「閉じ箱」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 短編集。竹本さんは初めて。どれも幻想的というか非日常というかそんな雰囲気な短編が沢山あります。まぁまぁ。お気に入りは「恐怖」。 短編集。竹本さんは初めて。どれも幻想的というか非日常というかそんな雰囲気な短編が沢山あります。まぁまぁ。お気に入りは「恐怖」。
    たかなし
    2018年08月04日
    25人がナイス!しています
  • この感じは何でしょう。頭の中を揺さぶられているような、この独特さは初めてです。正直微妙かな?…と読み進めていきましたが【恐怖】で一変!!本気でゾクッと来ました。コレだけでもいいので、是非読んで頂きたい この感じは何でしょう。頭の中を揺さぶられているような、この独特さは初めてです。正直微妙かな?…と読み進めていきましたが【恐怖】で一変!!本気でゾクッと来ました。コレだけでもいいので、是非読んで頂きたい。重過ぎる話が大半+パターンが似通っている作品もいくつかあるので、一気に読むのはあまりお勧めしません。それにしても各タイトルが素敵過ぎです。無駄に呟きたくなります。個人的にはどの短編も印象に残る、珍しい一冊となりました。 …続きを読む
    medaka
    2009年07月02日
    4人がナイス!しています
  • 竹本健治のノンシリーズ短編集。サイコホラー的、内向的な作品が多く、分量も多いため一気に読むとちとくたびれますが、どの短編も濃密な狂気が込められています。タイトル通りの閉塞感が味わえる一冊でした。 竹本健治のノンシリーズ短編集。サイコホラー的、内向的な作品が多く、分量も多いため一気に読むとちとくたびれますが、どの短編も濃密な狂気が込められています。タイトル通りの閉塞感が味わえる一冊でした。
    hirayama46
    2019年11月27日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品