角川文庫

腐蝕の惑星

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年01月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041062418
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

腐蝕の惑星

  • 著者 竹本 健治
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年01月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041062418

人々が突然消失し街が崩壊していく。今読んでも怖くて、新しい!

最初は正体不明の不気味な黒い影だった。惑星アンシャンティ。航宙士試験に合格し、希望にあふれる十七歳のティナの周囲で奇妙な異変が起き始める。巨大なホールにさっきまでざわめいていた人々が忽然と消失したり、白い紙魚が広がるように街のあちこちがなくなっていたり……。まるで何かに浸食されていくように街のあちこちが消失していく。そして、親しい人々、友人たちも。この世界はどうなってしまったのか? ティナが繰り返し見る悪夢にその真実がかくされているのか? あの名作がついに復刊!

もくじ

1 それ以前
2 それ以後
解説 円城 塔

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「腐蝕の惑星」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 謎の集団消失が起こる「それ以前」。 化け物との闘いにシフトする「それ以後」。 たったひとつしかない現実に比べ、非現実は、仮想現実、悪夢、虚構を例に無限であり、境界線は曖昧。 でも戦うならルールとゴール 謎の集団消失が起こる「それ以前」。 化け物との闘いにシフトする「それ以後」。 たったひとつしかない現実に比べ、非現実は、仮想現実、悪夢、虚構を例に無限であり、境界線は曖昧。 でも戦うならルールとゴールが欲しい気がする。 立ち向かうヒロインが「やはり答はなかった。答もなく、支えもなく、思い出に繋がる何物もなく…」と虚無感のもと長い眠りに入るラストがもっとも怖いといえるのかも。★2 …続きを読む
    chiru
    2018年03月16日
    64人がナイス!しています
  • 竹本健治と言えば『匣の中の失落』が有名だけど、個人的にはこっちの方が好み。現実と虚構が入り混じったSFホラー。映画『マトリックス』を彷彿させる。B評価 竹本健治と言えば『匣の中の失落』が有名だけど、個人的にはこっちの方が好み。現実と虚構が入り混じったSFホラー。映画『マトリックス』を彷彿させる。B評価
    たか
    2018年02月21日
    36人がナイス!しています
  • 主人公の世界の根幹を揺らぐ展開って好きだ。 あらゆるものが変化してしまう。反転というか、異世界というか。それくらいの大きな変化。 持っていたものがすべて失う。 でも、その人自身が学び築いてきた知識や技 主人公の世界の根幹を揺らぐ展開って好きだ。 あらゆるものが変化してしまう。反転というか、異世界というか。それくらいの大きな変化。 持っていたものがすべて失う。 でも、その人自身が学び築いてきた知識や技術って奪われることはない。17歳ティナという主人公の試されている感じが追体験としてわくわくする。 …続きを読む
    なるせの
    2018年04月08日
    10人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品