試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

ニコカド祭り2020
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年01月31日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
256
ISBN:
9784041089798
ニコカド祭り2020

狐火の辻

  • 著者 竹本 健治
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年01月31日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
256
ISBN:
9784041089798

『涙香迷宮』の牧場智久登場! 鬼才のサスペンス・ミステリー!

土砂降りの雨のなかで、湯河原の温泉旅館街で、それぞれ起きた交通事故。そして、新たに郊外で起こった交通事故ではなぜか、車に轢かれた被害者が煙のように消えてしまった…。それらの連続する事故に興味を抱いた楢津木刑事は、やがて街なかで起こっている「奇妙なこと」やネットで噂される「タクシー怪談」にも、漠然とした繋がりを感じていく。雲をつかむような謎を解くために結成された「居酒屋探偵団」に、楢津木が引きこもうとしたのは、18歳で本因坊IQ208の天才棋士、牧場智久だった。
名作『狂い壁 狂い窓』以来の定番キャラクター楢津木刑事、牧場智久が登場! 『涙香迷宮』の流れを汲む最新刊、鬼才のサスペンス・ミステリー!

もくじ

目次
序としての三つの断章
 「返せ」と言うもの/土砂降りの雨のなかで/OB会での出来事

一 何が
消えた歩行者/湯けむりの会話/顔を変えた世界/幽霊のおかげ/タクシー怪談/満月に少し足りない

二 何を
 山中の出来事/居酒屋の探偵団/頑迷さの所以/湯けむりの会話 再び/夕焼けのなかの異変

三 何で
  怪談を遡る/解決と宿題/電話/これは偶然か?

四 何故
電話 再び/破滅の刻限/湯けむりの会話 三たび/探し物をする女/相継ぐ進展

五 何のために
電話 三たび/緑の沼の底から/そのとき何が起こったか?/鷹ではなく、フクロウ/一点の曇りもなく/密会と謀殺/判明した諸相

結としての二つの断章
奥の手

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「狐火の辻」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 不思議な魅力がある、一冊。怪談めいた話、謎めいた話を味わいながらのミステリ。この 一見、無関係にあるような個々の事故や不可思議はまさに暗い路をゆらゆら狐火に導かれるような、わけもわからず導かれるような 不思議な魅力がある、一冊。怪談めいた話、謎めいた話を味わいながらのミステリ。この 一見、無関係にあるような個々の事故や不可思議はまさに暗い路をゆらゆら狐火に導かれるような、わけもわからず導かれるような感覚。たしかに全てがあやふや、何が何を⁇の謎だらけ。やがて一つ一つの謎めいた路が全て意味を持って交差した時は全体が見渡せる十字路にぽっと取り残されたような気分。頭の中で交通整理をしながら繋がりを理解する。なるほど、全てがすっきり終結。じわじわと面白さが増す、そんな不思議な魅力がある作品だった。 …続きを読む
    ちょろこ
    2020年04月07日
    119人がナイス!しています
  • 入ってはいけない森で闇から響いた「カエセ」。ある交通事故では轢かれた被害者が煙のように消える。そのほか、どこかで聞いたようなタクシー怪談など、都市伝説のような、切れ切れの奇妙な話やあやふやな話がいくつ 入ってはいけない森で闇から響いた「カエセ」。ある交通事故では轢かれた被害者が煙のように消える。そのほか、どこかで聞いたようなタクシー怪談など、都市伝説のような、切れ切れの奇妙な話やあやふやな話がいくつも並ぶ。何が、何を、何で、何故、何のために。この一連の話から、IQ208の天才囲碁棋士・牧場智久は裏に隠れていたものをするっと暴き出す。彼の一言二言で、刑事たちが足を使って一枚の絵を見せる様は見事で、一気に読み進めた。天才棋士の頭の中はどうなっているのか?どこかモノクロのこの世界を純粋に楽しんだ。 …続きを読む
    aquamarine
    2020年02月06日
    87人がナイス!しています
  • ★★★✰︎タイトルもそうだが序章から怪談めいていてゾクゾク♪ 「カ・エ・セ」立ち入り禁止の沼に現れた鎌を持った黒マントの不気味な声。湯河原を舞台に起きる不可思議な事故、誰かを尾行する不審な男たち、タク ★★★✰︎タイトルもそうだが序章から怪談めいていてゾクゾク♪ 「カ・エ・セ」立ち入り禁止の沼に現れた鎌を持った黒マントの不気味な声。湯河原を舞台に起きる不可思議な事故、誰かを尾行する不審な男たち、タクシー運転手の奇妙な体験話。時々挟まれるある者の心情。不思議な沢山の出来事がどう収束されるのか楽しみで読み進める。真相を追うのは見た目は残念な楢津木刑事と仲間たち、そして天才高校生囲碁棋士・牧場智久。彼の鋭い洞察力と刑事たちのチームワークにより、全てが見事に繋がる。ホラーもミステリも楽しめた1冊♪【図書館本】 …続きを読む
    ★Masako★
    2020年07月17日
    79人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品