試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年01月31日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
256
ISBN:
9784041089798

狐火の辻

  • 著者 竹本 健治
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年01月31日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
256
ISBN:
9784041089798

『涙香迷宮』の牧場智久登場! 鬼才のサスペンス・ミステリー!

土砂降りの雨のなかで、湯河原の温泉旅館街で、それぞれ起きた交通事故。そして、新たに郊外で起こった交通事故ではなぜか、車に轢かれた被害者が煙のように消えてしまった…。それらの連続する事故に興味を抱いた楢津木刑事は、やがて街なかで起こっている「奇妙なこと」やネットで噂される「タクシー怪談」にも、漠然とした繋がりを感じていく。雲をつかむような謎を解くために結成された「居酒屋探偵団」に、楢津木が引きこもうとしたのは、18歳で本因坊IQ208の天才棋士、牧場智久だった。
名作『狂い壁 狂い窓』以来の定番キャラクター楢津木刑事、牧場智久が登場! 『涙香迷宮』の流れを汲む最新刊、鬼才のサスペンス・ミステリー!

もくじ

目次
序としての三つの断章
 「返せ」と言うもの/土砂降りの雨のなかで/OB会での出来事

一 何が
消えた歩行者/湯けむりの会話/顔を変えた世界/幽霊のおかげ/タクシー怪談/満月に少し足りない

二 何を
 山中の出来事/居酒屋の探偵団/頑迷さの所以/湯けむりの会話 再び/夕焼けのなかの異変

三 何で
  怪談を遡る/解決と宿題/電話/これは偶然か?

四 何故
電話 再び/破滅の刻限/湯けむりの会話 三たび/探し物をする女/相継ぐ進展

五 何のために
電話 三たび/緑の沼の底から/そのとき何が起こったか?/鷹ではなく、フクロウ/一点の曇りもなく/密会と謀殺/判明した諸相

結としての二つの断章
奥の手


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「狐火の辻」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • これは怪談?ミステリー?一つ一つの話は短く、それがどんな意味をなすのかがわからないままに、ついてゆく。ぞわっとするような、おどろどろしいものが漂うので怪談かしらと思っていたら、次第に類似性や関連性がみ これは怪談?ミステリー?一つ一つの話は短く、それがどんな意味をなすのかがわからないままに、ついてゆく。ぞわっとするような、おどろどろしいものが漂うので怪談かしらと思っていたら、次第に類似性や関連性がみえてきて、おや?これはどうやらある一つのことに集約される物語なのでは?との予感がしてくる。それぞれがばらばらの方向から行きつく先は一つのミステリーなのだ!と気がついて、今度はページをめくる手が止まらなくなる。解けてみれば何のことない謎の連続だった。だけど、そんなとりとめのない一つ一つの謎をかき集め、解き明かし …続きを読む
    雅也-カヤ-
    2020年01月17日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品