角川文庫

見仏記 2 仏友篇

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1999年01月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041846032
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

見仏記 2 仏友篇

  • 著者 いとう せいこう
  • 著者 みうら じゅん
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1999年01月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041846032

幼少のころから仏像に魅せられたみうらじゅんと、仏友・いとうせいこうが国内外の仏像を訪ね歩く、仏像ブームのきっかけとなった人気シリーズ。笑いの中にじんわりと胸熱くなる感動が迫る、二人だけの旅物語。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「見仏記 2 仏友篇」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 密かに再開された見仏の旅。オヘンローラーになったかと思えば親鸞に想いを馳せて。その行動は仏像だけに目が向かず、様々な好奇心を見せてくれます。男子2人の仏友同士、怪しい関係に見えなくもないけれど、お互い 密かに再開された見仏の旅。オヘンローラーになったかと思えば親鸞に想いを馳せて。その行動は仏像だけに目が向かず、様々な好奇心を見せてくれます。男子2人の仏友同士、怪しい関係に見えなくもないけれど、お互いの奇妙な友情と絆を味わいながら今日もまた見仏の旅を続けるのですね。行動範囲も広がり、充実してきた様子を伺わせてくれます。 …続きを読む
    優希
    2018年04月19日
    85人がナイス!しています
  • 今やすっかり「仏友」となった二人の珍道中。今回は佐渡にまで足を延ばしてる!日本全国、色んな所に色んな仏様がいるのねと、このうちのいくつを私は拝められるのだろうかと、頭がクラクラしてくる。二人の掛け合い 今やすっかり「仏友」となった二人の珍道中。今回は佐渡にまで足を延ばしてる!日本全国、色んな所に色んな仏様がいるのねと、このうちのいくつを私は拝められるのだろうかと、頭がクラクラしてくる。二人の掛け合いの爆笑度も前回よりパワーアップしており、とても楽しめる。そして、「信仰の対象としてあるべき場所に安置」すべきなのか、「文化財として相応の保護」すべきなのかと言う問題は確かにとても悩ましい。本来一緒にいるべきの脇侍と離され、独り寂しく暗い収蔵庫に入れられている仏様はちょっと可哀想だし、拝観するのも大変だし😅 …続きを読む
    chantal
    2019年01月22日
    75人がナイス!しています
  • 32年後ではなく、前巻から比較的すぐの再開だったのですね。その32年っていう長さと弥勒菩薩の56億7千万年後っていう年月を同等に語るお二人がツボでした。「それじゃ明日死んでくれるかなー?」「死すともー 32年後ではなく、前巻から比較的すぐの再開だったのですね。その32年っていう長さと弥勒菩薩の56億7千万年後っていう年月を同等に語るお二人がツボでした。「それじゃ明日死んでくれるかなー?」「死すともー!」には脱力(笑)。疲れた時に読むと、なんだか元気が湧いてくる気がします。仏像のご加護かしら?そう言えば、先月だったか、BSをつけたら偶然にもお二人が見仏しているシーンを見かけて「おお!これは!」って思わず感動。動画の方がますます面白そう。いい年して「探検ぼくのまち」のような見仏道中をするのもにやりポイント。 …続きを読む
    kumicom
    2015年04月03日
    52人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品