角川文庫

見仏記4 親孝行篇

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2006年01月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
276
ISBN:
9784041846056
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

見仏記4 親孝行篇

  • 著者 いとう せいこう
  • 著者 みうら じゅん
  • イラスト みうら じゅん
  • デザイン 安齋 肇
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2006年01月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
276
ISBN:
9784041846056

大ヒットシリーズ第4弾!今度は見仏と親孝行を一緒にしてみました!

ひょんなことから始まった「いとう家プラスみうら」「みうら家プラスいとう」という、それぞれの両親を連れた「親見仏」の旅。それぞれの親子の不器用な愛情表現。いつしか見仏もそっちのけで、親孝行に思いを馳せ…

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「見仏記4 親孝行篇」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 見仏の旅はどんどんエスカレートしていくのですね。今回は親孝行の名のもと、お互いの両親を巻き込んでの見仏の旅になっています。親も一緒なのでハプニングだらけの珍道中になっているのが面白いです。しかも相方と 見仏の旅はどんどんエスカレートしていくのですね。今回は親孝行の名のもと、お互いの両親を巻き込んでの見仏の旅になっています。親も一緒なのでハプニングだらけの珍道中になっているのが面白いです。しかも相方との疑似親子の方が親孝行のように見える気がしました。仏像より親孝行について考え始めたりするのも自由な旅だからでしょう。笑えるけれどしんみりもさせられる巻でした。 …続きを読む
    優希
    2018年04月27日
    75人がナイス!しています
  • 今回も最高に楽しかったーー!!仏像愛があふれるあまり地方の観光愛にまで噺が波及しているところなど、共感の嵐。なんやかんや言いつつも地元の人にずっと護られてきた仏に対して、美術品ではなく信仰の対象として 今回も最高に楽しかったーー!!仏像愛があふれるあまり地方の観光愛にまで噺が波及しているところなど、共感の嵐。なんやかんや言いつつも地元の人にずっと護られてきた仏に対して、美術品ではなく信仰の対象としての目線で見ていて、ありのままを受け入れる心の広さにとてつもなく安心感を誘う。ご両親と一緒の見仏旅では、照れたり戸惑ったり少し切なかったり、いつもと違う姿が見られて新鮮だった。 …続きを読む
    ミナコ@灯れ松明の火
    2011年12月18日
    18人がナイス!しています
  • 見仏というより、親孝行記に。例の親孝行プレイの詳細がここで明らかに。 見仏というより、親孝行記に。例の親孝行プレイの詳細がここで明らかに。
    ふろんた
    2018年10月17日
    15人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品