津軽

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1998年06月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784041099056

津軽

  • 著者 太宰 治
  • カバー写真 梅 佳代
  • カバーデザイン 祖父江 慎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1998年06月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784041099056

宿命の生地・津軽への思いを素直に綴った名紀行文

昭和19年、風土記の執筆を依頼された太宰は三週間にわたって津軽半島を一周した。自己を見つめ、宿命の生地への思いを素直に綴り上げた紀行文であり、著者最高傑作とも言われる感動の一冊。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「津軽」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 文学っていい。太宰が風土記執筆の為故郷を訪ね歩く。親戚友人を頼りに、めっちゃお酒飲みながら。芭蕉の旅を引き合いに出したり。兄宅の古池に蛙がぽちゃりと飛び込む小さな音を聞き、芭蕉の「古池や…」の句の価値 文学っていい。太宰が風土記執筆の為故郷を訪ね歩く。親戚友人を頼りに、めっちゃお酒飲みながら。芭蕉の旅を引き合いに出したり。兄宅の古池に蛙がぽちゃりと飛び込む小さな音を聞き、芭蕉の「古池や…」の句の価値を見出す。ぽちゃりという世の中の片隅の貧弱な音を聞き、芭蕉はきっと「わが身につまされるものがあったのだ」と。幼少期、本を読んでくれて面倒を見てくれ、母と慕った「たけ」を訪ねる。再会を喜び、かつ、自分のアイデンティティが津軽の郷土のほか、このたけの人柄にあったのだと悟る。巻末太宰の経歴、自殺未遂の多さに驚く。 …続きを読む
    まあちゃん
    2015年08月18日
    26人がナイス!しています
  • 津軽を旅した風土記。金木、弘前、小泊、鯵ヶ沢、浅虫、青森、深浦、五所川原、黒石、鶴田、板柳、岩木山、…全てを訪れた訳ではないが、幾つもの点と点が線になり津軽平野は太く結ばれている。津軽を形容するならば 津軽を旅した風土記。金木、弘前、小泊、鯵ヶ沢、浅虫、青森、深浦、五所川原、黒石、鶴田、板柳、岩木山、…全てを訪れた訳ではないが、幾つもの点と点が線になり津軽平野は太く結ばれている。津軽を形容するならばこういう感じかな。津軽の人は津軽の人を大切にする。彼は津軽では生きていけなかったが、全て津軽弁で会話が書かれていないのに違和感を覚えるほど彼は津軽の人だ。作品の中には津軽の人を思い出す事も少なくない。彼が旅をするのは「苦しいから」。末尾には「…虚飾はしていない…読者も騙していない…」と書かれていました、。 …続きを読む
    mshiromi
    2016年02月27日
    9人がナイス!しています
  • 太宰にしては明るい、精神的にも安定している時期に書かれた小説で、彼の精神の基底となっている生まれ故郷を、慈しみ、愛する気持ちが素直に表れてとても良かった。特に旅の最期に一番おいしいところとしてとってお 太宰にしては明るい、精神的にも安定している時期に書かれた小説で、彼の精神の基底となっている生まれ故郷を、慈しみ、愛する気持ちが素直に表れてとても良かった。特に旅の最期に一番おいしいところとしてとっておいた小泊に嫁いだ、昔の太宰の子守り\たけ\との出会いはとても感動的。太宰が3歳の時、たけが14歳から子守が始まったというから、たけは乳母替わりというより、お姉さんの年の差。お互い一番多感な年頃の6年間を過ごしたので兄弟以上の絆で結ばれていたのだろう。30年近くを経ての再開で心が高揚したまま小説が終わる。 …続きを読む
    Jiemon
    2016年08月08日
    8人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品