角川文庫

蜘蛛の糸・地獄変

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1989年03月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784041033142
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

蜘蛛の糸・地獄変

  • 著者 芥川 龍之介
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1989年03月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784041033142

地獄の池で見つけた一筋の光はお釈迦様が垂らした蜘蛛の糸だった。絵師は愛娘を犠牲にして芸術の完成を追求する。両表題作の他、「奉教人の死」「邪宗門」など、意欲溢れる大正7年の作品計8編を収録する。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「蜘蛛の糸・地獄変」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 久しぶりの再読。芥川作品は、変に抽象的な表現が控えられた比較的平易な文章に加え、物語にストレートに入り込める分かりやすさがやはり魅力だ。「地獄変」「奉教人の死」は、主たる人物それぞれの壮絶な死に対し、 久しぶりの再読。芥川作品は、変に抽象的な表現が控えられた比較的平易な文章に加え、物語にストレートに入り込める分かりやすさがやはり魅力だ。「地獄変」「奉教人の死」は、主たる人物それぞれの壮絶な死に対し、人としての業や美徳、己にとって尊いものとは何かを考えさせられる。「蜘蛛の糸」は、我が身可愛さばかりを優先することなかれという教訓が込められた物語ではあるが、私は初読時同様に”釈迦“を世の中に見立てた強烈に皮肉な物語だという思いが消えない。悪人一人いなくなったとて世の中は何も変わらず…深読みし過ぎだろうか。 …続きを読む
    Yoko Omoto
    2015年07月26日
    138人がナイス!しています
  • 蜘蛛の糸 お釈迦様が極楽の蓮池でのこと。 かんだた という男。 牛へんに建、陀多。 悪事を働いた大泥棒。 蜘蛛を殺さずに助けてやった。 無慈悲な心は罰を受ける。 蜘蛛の糸 お釈迦様が極楽の蓮池でのこと。 かんだた という男。 牛へんに建、陀多。 悪事を働いた大泥棒。 蜘蛛を殺さずに助けてやった。 無慈悲な心は罰を受ける。
    kaizen@名古屋de朝活読書会
    2013年05月06日
    114人がナイス!しています
  • 2018年238冊め。他文庫で既読のものが多い。再読。しかし『地獄変』や『蜘蛛の糸』は何度読んでも面白い。 2018年238冊め。他文庫で既読のものが多い。再読。しかし『地獄変』や『蜘蛛の糸』は何度読んでも面白い。
    扉のこちら側
    2018年06月30日
    96人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品