乱歩殺人事件――「悪霊」ふたたび

乱歩殺人事件――「悪霊」ふたたび

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2024年01月31日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
216
ISBN:
9784041146354

乱歩殺人事件――「悪霊」ふたたび

  • 著者 芦辺 拓
  • 著者 江戸川 乱歩
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2024年01月31日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
216
ISBN:
9784041146354

乱歩の未完の傑作が完結! 犯人・密室・謎の記号の正体とその向こう側

江戸川乱歩のいわくつきの未完作「悪霊」 
デビュー百年を越え、いま明かされる、犯人・蔵の密室・謎の記号の正体。
そして、なぜ本作が、未完となったのか――

乱歩の中絶作を、芦辺拓が書き継ぎ完結させる! そのうえ、物語は更なる仕掛けへ……。


 1923年(大正12年)に「二銭銅貨」でデビューし、探偵小説という最先端の文学を日本の風土と言語空間に着地させた江戸川乱歩。満を持して1933年(昭和8年)に鳴り物入りで連載スタートした「悪霊」は、これまでの彼の作品と同様、傑作となるはずだった。
 謎めいた犯罪記録の手紙を著者らしき人物が手に入れ、そこで語られるのは、美しき未亡人が不可思議な血痕をまとった凄惨な遺体となって蔵の2階で発見された密室殺人、現場で見つかった不可解な記号、怪しげな人物ばかりの降霊会の集い、そして新たに「又一人美しい人が死ぬ」という予告……。
 期待満載で幕を開けたこの作品はしかし、連載3回ののち2度の休載を挟み、乱歩の「作者としての無力を告白」したお手上げ宣言で途絶した。

 本書は、『大鞠家殺人事件』で日本推理作家協会賞と本格ミステリ大賞を受賞した芦辺拓が、乱歩がぶちあげた謎を全て解き明かすと同時に、なぜ「悪霊」が未完になったかをも構築する超弩級ミステリである。
江戸川乱歩のいわくつきの未完作「悪霊」 
デビュー百年を越え、いま明かされる、犯人・蔵の密室・謎の記号の正体。
そして、なぜ本作が、未完となったのか――

乱歩の中絶作を、芦辺拓が書き継ぎ完結させる! そのうえ、物語は更なる仕掛けへ……。


 1923年(大正12年)に「二銭銅貨」でデビューし、探偵小説という最先端の文学を日本の風土と言語空間に着地させた江戸川乱歩。満を持して1933年(昭和8年)に鳴り物入りで連載スタートした「悪霊」は、これまでの彼の作品と同様、傑作となるはずだった。
 謎めいた犯罪記録の手紙を著者らしき人物が手に入れ、そこで語られるのは、美しき未亡人が不可思議な血痕をまとった凄惨な遺体となって蔵の2階で発見された密室殺人、現場で見つかった不可解な記号、怪しげな人物ばかりの降霊会の集い、そして新たに「又一人美しい人が死ぬ」という予告……。
 期待満載で幕を開けたこの作品はしかし、連載3回ののち2度の休載を挟み、乱歩の「作者としての無力を告白」したお手上げ宣言で途絶した。

 本書は、『大鞠家殺人事件』で日本推理作家協会賞と本格ミステリ大賞を受賞した芦辺拓が、乱歩がぶちあげた謎を全て解き明かすと同時に、なぜ「悪霊」が未完になったかをも構築する超弩級ミステリである。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

目次

INTRODUCTION

乱歩殺人事件――「悪霊」ふたたび

合作者の片割れによるあとがき――あるいは好事家のためのノート

「乱歩殺人事件――「悪霊」ふたたび」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 江戸川乱歩の没年に生を受けた(決して生まれ変わりではありませんが)からかどうかは解りませんが、50年程前に少年探偵団シリーズを読んでから、読書好きとなりました。江戸川乱歩は私にとって特別の作家です。乱歩 江戸川乱歩の没年に生を受けた(決して生まれ変わりではありませんが)からかどうかは解りませんが、50年程前に少年探偵団シリーズを読んでから、読書好きとなりました。江戸川乱歩は私にとって特別の作家です。乱歩の未完の「悪霊」を完結させている作品ということで読みました。芦辺 拓、2作目です。乱歩を引き継いで、乱歩らしく完結させるのかと思っていたので、少し残念な作品となりました。 https://www.kadokawa.co.jp/product/322310000776/ …続きを読む
    starbro
    2024年02月18日
    181人がナイス!しています
  • 江戸川乱歩が雑誌に3回連載し、中断したまま未完の作品になっていた『悪霊』に、芦辺さんが続きを書いて完結させた物。連載自体も告知したまま暫く開始せず、中断の後も再開を予告されたが遂に実現しなかった編集者 江戸川乱歩が雑誌に3回連載し、中断したまま未完の作品になっていた『悪霊』に、芦辺さんが続きを書いて完結させた物。連載自体も告知したまま暫く開始せず、中断の後も再開を予告されたが遂に実現しなかった編集者泣かせの作品で、その辺のゴタゴタも芦辺さんによって説明されている。続編の内容も乱歩の文体に合わせていて違和感が無いし、トリックも乱歩が好んで使いそうな物になっている。更に題名が何故『乱歩殺人事件』なのかも判明する仕組み。面白かった。それにしても、昔は差別語や今で言う不適切な表現が普通に使われていたのですねえ。 …続きを読む
    だるま
    2024年02月13日
    16人がナイス!しています
  • 乱歩の未完の作品を完結させ、未完となった理由をオリジナルで乗っける職人芸。元の作品『悪霊』は残酷さと淫靡・フリークス・怪しげな登場人物たちと乱歩らしさ全開で期待を煽る。さてここからというところで終わっ 乱歩の未完の作品を完結させ、未完となった理由をオリジナルで乗っける職人芸。元の作品『悪霊』は残酷さと淫靡・フリークス・怪しげな登場人物たちと乱歩らしさ全開で期待を煽る。さてここからというところで終わってしまったのは残念だし、完結させたい気持ちは分かる。メインの仕掛け自体は布石が丁寧なぶん読みやすくはあるが、この時代ではサプライズになっていただろう。しかし、そこから飛躍し乱歩らしさを増し増しにした解決編を展開し、乱歩の実像とも結びつく未完の理由までよく練り込まれている。 …続きを読む
    geshi
    2024年02月23日
    15人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品