星影のステラ

星影のステラ

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2024年01月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
192
ISBN:
9784041140871
label

星影のステラ

  • 著者 林 真理子
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2024年01月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
192
ISBN:
9784041140871

自分の見える世界がすべてだと思っていた――あの頃の私がそこにいる。

「私のことステラって呼んでね」初めて会った日、彼女はそう言った。つくり話のような自慢をする都会的なステラに、田舎から東京に出てきたフミコは憧れと嫉妬を抱きつつ、彼女と一緒に暮らし始めるが……。 「私のことステラって呼んでね」初めて会った日、彼女はそう言った。つくり話のような自慢をする都会的なステラに、田舎から東京に出てきたフミコは憧れと嫉妬を抱きつつ、彼女と一緒に暮らし始めるが……。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

星影のステラ
だいだい色の海
解説:田辺聖子

「星影のステラ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 大好きな林真理子さんの38年前に初版で発行された作品で今回改版されて発売された。バブルの頃の話。林真理子さんの若い女性が主人公の話が好きで、今回も面白くて一気に読んでしまった。魅力的なステラに恋のような 大好きな林真理子さんの38年前に初版で発行された作品で今回改版されて発売された。バブルの頃の話。林真理子さんの若い女性が主人公の話が好きで、今回も面白くて一気に読んでしまった。魅力的なステラに恋のような感情を持つ主人公・富美子が段々と嫉妬などの感情に変わっていく様子はそうなってしまうだろうなと思いながら読んだ。 …続きを読む
    Kana
    2024年02月04日
    20人がナイス!しています
  • 装丁が新しい割に舞台設定が結構前の小説なのかなと思いつつ読んでいたが、初版発行が昭和64年で改訂初版が最近とのことだった。そして林真理子の初小説。内容は短編二本とどちらも人間のエゴをギュッと濃縮したかの 装丁が新しい割に舞台設定が結構前の小説なのかなと思いつつ読んでいたが、初版発行が昭和64年で改訂初版が最近とのことだった。そして林真理子の初小説。内容は短編二本とどちらも人間のエゴをギュッと濃縮したかのようなものだった。二本目は割と胸糞で読んでて結構苦い思いをさせられた。読み易さもさほどなかったように思えたのは内容由来の物か。ただ人間の奥底に秘めたような感情をありありと描く内容であったというのは面白かったと思う。 …続きを読む
    この
    2024年01月25日
    2人がナイス!しています
  • 林真理子のデビュー作。就職のために上京した冴えない主人公の少女が、理想の自分を体現したような少女・ステラと出会い、彼女の傲慢さに翻弄されながらも惹かれていく様子を描く。憧憬や恋心、嫉妬などの感情が混じ 林真理子のデビュー作。就職のために上京した冴えない主人公の少女が、理想の自分を体現したような少女・ステラと出会い、彼女の傲慢さに翻弄されながらも惹かれていく様子を描く。憧憬や恋心、嫉妬などの感情が混じり合って苦しむ富美子の姿に、過去の自分を見つけて胸が痛くなる人は多いはず。併録されている「だいだい色の海」も人間のドロドロした感情が詰まった作品で、ドラ息子の成長譚だと思いながら読んでいた身には終盤の展開は驚きだった。 …続きを読む
    ジュン
    2024年02月17日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品