ミカドの淑女

ミカドの淑女

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2022年06月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041124536
label

ミカドの淑女

  • 著者 林 真理子
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2022年06月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041124536

ベールに隠された禁中で、したたかに、そして華やかに生きた女がいた。

その歌の才により皇后の寵愛を受け、「歌子」と名付けられた女官がいた。しかし、その後女は“妖婦”と新聞で取り上げられる。明治の宮廷を襲った一大スキャンダルの真相を暴く、林真理子最初の歴史小説。 その歌の才により皇后の寵愛を受け、「歌子」と名付けられた女官がいた。しかし、その後女は“妖婦”と新聞で取り上げられる。明治の宮廷を襲った一大スキャンダルの真相を暴く、林真理子最初の歴史小説。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

ミカドの淑女
解説(朝井まかて)

「ミカドの淑女」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 大好きな林真理子さん初の歴史小説の新装版。表紙が素敵で読むのが楽しみになった。恥ずかしながらこの作品を読むまで下田歌子さんを全く知らなかったのでどんな人物なのかワクワクしながら読み始めた。下田歌子さん 大好きな林真理子さん初の歴史小説の新装版。表紙が素敵で読むのが楽しみになった。恥ずかしながらこの作品を読むまで下田歌子さんを全く知らなかったのでどんな人物なのかワクワクしながら読み始めた。下田歌子さんに関わる人物たちを中心に話が進んでいく。平民新聞を原文のまま掲載されていたので読むのに時間がかかってしまった。明治時代の有名な人物もたくさん登場し、面白くて続きが気になり、ページを捲る手が止まらなかった。下田歌子さんは女子教育のために尽力したことがわかったが、この時代で女性が成し遂げるのは大変だったと思う。 …続きを読む
    Kana
    2022年06月26日
    17人がナイス!しています
  • 明治皇后の寵愛を受け、華族女子学校の最高責任者にまで上りつめた下田歌子。彼女の事は知らなかった(教科書には出てこなかったと思う)平民新聞の下世話さが今の週刊誌と変わりなくて人間って進歩してない。原爆2 明治皇后の寵愛を受け、華族女子学校の最高責任者にまで上りつめた下田歌子。彼女の事は知らなかった(教科書には出てこなかったと思う)平民新聞の下世話さが今の週刊誌と変わりなくて人間って進歩してない。原爆2発も落とされて大敗戦の日本の礎を作る日本男児乃木vs旦那の介護に明け暮れる女が夜の生活がなくて抱いてやったら喜ぶだろうのヒヒ親父伊藤、ファイッ!!スケコマシ教祖の飯野がまだマシに思えてくる …続きを読む
    とんかつラバー
    2023年10月18日
    13人がナイス!しています
  • 日露戦争終戦から3年後平民新聞に連載された下田歌子に関する記事から物語は展開する。政治家、医学者、女官等々様々な人々が絡んでくる。10人位にはなると思う。明治帝と乃木大将、皇后と下田歌子。この関係が基軸 日露戦争終戦から3年後平民新聞に連載された下田歌子に関する記事から物語は展開する。政治家、医学者、女官等々様々な人々が絡んでくる。10人位にはなると思う。明治帝と乃木大将、皇后と下田歌子。この関係が基軸になっている。伊藤博文から見た下田歌子像は伊藤自身が乱反射しているとは解説の朝井さんの見方。飯野吉三郎と下田歌子の関係は生々しい。しかし飯野は重要人物ではない。最後の乃木大将の女性観は酷い。今なら社会から抹殺されてしまうだろう。明治帝も乃木大将に責任をなすりつけて逃げている。皇后とは仲悪かったのではないか。 …続きを読む
    Shinya Fukuda
    2022年07月29日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品