西郷どん! 前編

西郷どん! 前編

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年12月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041098851
label

西郷どん! 前編

  • 著者 林 真理子
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2020年12月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041098851

2018年大河ドラマ原作小説。まったく新しい西郷隆盛の誕生!

薩摩の貧しい武家の子に生まれた西郷隆盛は、なぜ維新の英雄として慕われるようになったのか。幼い頃から親しんだ盟友・大久保正助との絆、名君・島津斉彬との出会い。激動の青春期を生き生きと描く! 薩摩の貧しい武家の子に生まれた西郷隆盛は、なぜ維新の英雄として慕われるようになったのか。幼い頃から親しんだ盟友・大久保正助との絆、名君・島津斉彬との出会い。激動の青春期を生き生きと描く!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

同じシリーズの作品

「西郷どん! 前編」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 薩摩藩は特殊な土地だったのか?日本の中では異国のことをよくわかって対処していたんだと思った。西郷どんは貧乏な生活でも挫けず、君主思いで熱い漢。真っ直ぐな人なんだという印象。下巻が楽しみ。 薩摩藩は特殊な土地だったのか?日本の中では異国のことをよくわかって対処していたんだと思った。西郷どんは貧乏な生活でも挫けず、君主思いで熱い漢。真っ直ぐな人なんだという印象。下巻が楽しみ。
    ここぽぽ
    2023年09月12日
    15人がナイス!しています
  • 薩摩弁の感じを掴みたくて読みました。やはり難しい……。 薩摩弁の感じを掴みたくて読みました。やはり難しい……。
    たけはる
    2021年01月21日
    8人がナイス!しています
  • 2022-77 2022-77
    スターリーナイト
    2022年09月29日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品