警官の道

警官の道

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2023年12月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784041140857
label

警官の道

  • 著者 柚月裕子
  • 著者 呉 勝浩
  • 著者 下村 敦史
  • 著者 長浦 京
  • 著者 中山 七里
  • 著者 葉真中 顕
  • 著者 深町 秋生
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2023年12月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784041140857

組織に生きる者の矜恃。豪華警察小説アンソロジー

「力が必要だ」――母と自分を虐待し別れたろくでなしの父親に復讐するため、暴力団員を目指す聖。中華料理店でアルバイトをしながら、神戸の金坂組のバッジをもらうチャンスを狙う聖は、組に出入りするサングラスをかけた迫力十分の男に弟子入りを懇願する。だが、男は素姓はそのうちわかると言い残し闇の奥へ消えた……(「聖」)。
組織に生き、事件と隣り合わせの警官たちの生きざま。
「孤狼の血」シリーズの柚月裕子、『スワン』『爆弾』で注目の呉勝浩、「刑事犬養隼人」シリーズの中山七里など、ミステリー界を背負う注目作家たちによる、豪華警察小説アンソロジー!
「力が必要だ」――母と自分を虐待し別れたろくでなしの父親に復讐するため、暴力団員を目指す聖。中華料理店でアルバイトをしながら、神戸の金坂組のバッジをもらうチャンスを狙う聖は、組に出入りするサングラスをかけた迫力十分の男に弟子入りを懇願する。だが、男は素姓はそのうちわかると言い残し闇の奥へ消えた……(「聖」)。
組織に生き、事件と隣り合わせの警官たちの生きざま。
「孤狼の血」シリーズの柚月裕子、『スワン』『爆弾』で注目の呉勝浩、「刑事犬養隼人」シリーズの中山七里など、ミステリー界を背負う注目作家たちによる、豪華警察小説アンソロジー!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

上級国民 葉真中顕
許されざる者 中山七里
Vに捧げる行進 呉勝浩
クローゼット 深町秋生
見えない刃 下村敦史
シスター・レイ 長浦京
聖(あきら) 柚月裕子
解説 西上心太

「警官の道」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • この警察に関するアンソロジーは比較的知っている作者が多く楽しめました。中山七里さんの作品は東京オリンピックで話題になった事件から書かれたのでしょう。呉さんの作品はあまりよくわからない感じです。長浦京さ この警察に関するアンソロジーは比較的知っている作者が多く楽しめました。中山七里さんの作品は東京オリンピックで話題になった事件から書かれたのでしょう。呉さんの作品はあまりよくわからない感じです。長浦京さんの作品は主人公がフランスにいたということでのこの分野の作品ということがよくわかりました。また最後の柚月さんの作品が一番楽しめた感じです。 …続きを読む
    KAZOO
    2024年01月23日
    98人がナイス!しています
  • http://naym1.cocolog-nifty.com/tetsuya/2024/03/post-84e047.html この中では、中山七里と柚月裕子しか知らなかったのですが、他の作家さんへの入口になるかもと思って読んでみることに。 初めて読んだ葉真中顕さ http://naym1.cocolog-nifty.com/tetsuya/2024/03/post-84e047.html この中では、中山七里と柚月裕子しか知らなかったのですが、他の作家さんへの入口になるかもと思って読んでみることに。 初めて読んだ葉真中顕さんの【上級国民】がおもしろかったです。密命があるときは、地元出身の刑事を送るのはよくないかも。知られている可能性が多いから。 …続きを読む
    2024年03月30日
    61人がナイス!しています
  • 装丁の渋さに『おぉ…』となる。警察ものはシリーズ化しているものも多くて、読みたいけど万年積読の私は中々手が出ずなのでアンソロジーで。いやぁ、豪華だし面白いしで大満足の一冊だった。スピンオフなんだろうな 装丁の渋さに『おぉ…』となる。警察ものはシリーズ化しているものも多くて、読みたいけど万年積読の私は中々手が出ずなのでアンソロジーで。いやぁ、豪華だし面白いしで大満足の一冊だった。スピンオフなんだろうなと感じるものも多いけど、本作を知らなくても十分に楽しめる。展開にハラハラさせられる、葉真中顕『上級国民』リアルな描写のコロナ化のオリンピックが舞台、中山七里『許されざる者』柚月さんの『聖』も面白くて、元となっている作品を読みたくなる。この3つが好きだった。今の時代を描いた読み応えのある警察アンソロジー。 …続きを読む
    mayu
    2023年12月26日
    28人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品