9S<ナインエス> XIII true side

9S<ナインエス> XIII true side

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2024年02月09日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
424
ISBN:
9784049151473
label

9S<ナインエス> XIII true side

  • 著者 葉山 透
  • イラスト 増田 メグミ
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2024年02月09日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
424
ISBN:
9784049151473

遺産と禍神の血。由宇と闘真が出した答えとは? 9S、ここに堂々完結!

 ロシアで再会した闘真と由宇だったが、闘真は鳴神尊の封印を壊し、禍神の血は解放され完全に目覚めてしまう。出生の謎も、禍神の血と峰島勇次郎との因縁も明かされた今、闘真の存在は世界を壊しかねなかった。それでも由宇は闘真と一緒に歩める道を示そうとし、二人は新たな絆を手にする。麻耶や勝司はこれからの真目家の在り方を模索し、ADEMはグラキエス殲滅作戦を実行するために国際社会で戦う。
 そんな中、すべてを超越する存在、峰島勇次郎の実験が、いよいよ始まろうとしていた。禍神の血と、もう一人の自分に向き合う闘真。そして、父との関係に決着をつけようとする由宇。二人が選んだ結末の先にあるものは――。
 電撃が贈るレジェンド・ハードアクション、ここに堂々完結!
 ロシアで再会した闘真と由宇だったが、闘真は鳴神尊の封印を壊し、禍神の血は解放され完全に目覚めてしまう。出生の謎も、禍神の血と峰島勇次郎との因縁も明かされた今、闘真の存在は世界を壊しかねなかった。それでも由宇は闘真と一緒に歩める道を示そうとし、二人は新たな絆を手にする。麻耶や勝司はこれからの真目家の在り方を模索し、ADEMはグラキエス殲滅作戦を実行するために国際社会で戦う。
 そんな中、すべてを超越する存在、峰島勇次郎の実験が、いよいよ始まろうとしていた。禍神の血と、もう一人の自分に向き合う闘真。そして、父との関係に決着をつけようとする由宇。二人が選んだ結末の先にあるものは――。
 電撃が贈るレジェンド・ハードアクション、ここに堂々完結!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

プロローグ
一章 グラキエス殲滅
二章 観測
三章 峰島勇次郎
エピローグ

同じシリーズの作品

「9S<ナインエス> XIII true side」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 長かったSF物語もついに完結。外の世界が結局何だった?のかはありましたが、落ち着くところに落ち着いて良かったなと。クレールの笑顔が見れて良かったです。マモンとかも幸せになれましたね。ルシフェルもこの為に 長かったSF物語もついに完結。外の世界が結局何だった?のかはありましたが、落ち着くところに落ち着いて良かったなと。クレールの笑顔が見れて良かったです。マモンとかも幸せになれましたね。ルシフェルもこの為に登場してたんだなと。最後の二人はまだまだ忙しい日々が続きそうですけど、幸せそうで良かったです …続きを読む
    しぇん
    2024年03月13日
    21人がナイス!しています
  • 12年寝かせただけある傑作。シベリア編は全編通して博打打ちの展開だったがその博打に全て勝った。このスピード感こそこのシリーズの真骨頂。エピローグも非常にこのシリーズらしい。満足度の高いシリーズでした。次 12年寝かせただけある傑作。シベリア編は全編通して博打打ちの展開だったがその博打に全て勝った。このスピード感こそこのシリーズの真骨頂。エピローグも非常にこのシリーズらしい。満足度の高いシリーズでした。次回作お待ちしてます!! …続きを読む
    FFLJAPANbis
    2024年02月12日
    6人がナイス!しています
  • 面白かった!人類の存亡をかけた戦いが遂に終結。今まで謎だった脳の黒点、禍神の血の秘密などが一気に明かされ、由宇と闘真の関係も一気に縮まります。読みたかった、求めていた結末がギュッと詰まった完結編。一気 面白かった!人類の存亡をかけた戦いが遂に終結。今まで謎だった脳の黒点、禍神の血の秘密などが一気に明かされ、由宇と闘真の関係も一気に縮まります。読みたかった、求めていた結末がギュッと詰まった完結編。一気に2冊読むのがおススメですね。贅沢言えば戦いの後不坐が今何を思っているのか気になりますね。ですがとりあえず完結を迎えられて本当に良かった。待っていた甲斐がありましたね。最高な作品をありがとうございました。 …続きを読む
    ロックⅡ世
    2024年02月22日
    5人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品