欺瞞の殺意

欺瞞の殺意

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2023年02月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041133187
label

欺瞞の殺意

  • 著者 深木 章子
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2023年02月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041133187

このミス、本ミスW受賞の注目作。往復書簡で真相に迫る、本格ミステリー

昭和41年。地方の資産家楡家の当主がゴルフ中に心筋梗塞64才で逝去。親族しかいない法要が屋敷で執り行われるがそこで殺人事件が起こる。長女と孫(早死にした長男の子)がヒ素で死んだのだ。調査を進めると、殺された長女の婿養子の弁護士のポケットから、ヒ素をいれたチョコレートの紙片が発見された。
「わたしは犯人ではありません。あなたはそれを知っているはずです――。」
無実にもかかわらず「自白」して無期懲役となったその弁護士は、事件関係者と「往復書簡」を交わすことに。「毒入りチョコレート」の真犯人をめぐる推理合戦は往復書簡の中で繰り広げられ――、やがて思わぬ方向へ「真相」が導いていく――。「このミステリーがすごい!」2021年版 国内編(宝島社)と「2021年本格ミステリベスト10」国内ランキング(原書房)で堂々7位のW受賞作品。A.バークリーの『毒入りチョコレート事件』をオマージュとした本格ミステリ長編。
昭和41年。地方の資産家楡家の当主がゴルフ中に心筋梗塞64才で逝去。親族しかいない法要が屋敷で執り行われるがそこで殺人事件が起こる。長女と孫(早死にした長男の子)がヒ素で死んだのだ。調査を進めると、殺された長女の婿養子の弁護士のポケットから、ヒ素をいれたチョコレートの紙片が発見された。
「わたしは犯人ではありません。あなたはそれを知っているはずです――。」
無実にもかかわらず「自白」して無期懲役となったその弁護士は、事件関係者と「往復書簡」を交わすことに。「毒入りチョコレート」の真犯人をめぐる推理合戦は往復書簡の中で繰り広げられ――、やがて思わぬ方向へ「真相」が導いていく――。「このミステリーがすごい!」2021年版 国内編(宝島社)と「2021年本格ミステリベスト10」国内ランキング(原書房)で堂々7位のW受賞作品。A.バークリーの『毒入りチョコレート事件』をオマージュとした本格ミステリ長編。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

目 次
昭和四十一年 夏
  書簡  治重より橙子へ
  書簡  橙子より治重へ
  書簡  治重より橙子へ
  書簡  橙子より治重へ 
  書簡  治重より橙子へ
平成二十年 冬
  白鳥の歌
  追録
 解説 千街晶之

「欺瞞の殺意」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ☆4。42年もの長い年月が過ぎて無期懲役から仮釈放となった元弁護士が、冤罪と知りつつ自首した殺人事件の真相を探るべく、当時愛し合った義妹と推理小説バリの往復書簡を交わしたがこれが見もの、曲者。昭和41年とい ☆4。42年もの長い年月が過ぎて無期懲役から仮釈放となった元弁護士が、冤罪と知りつつ自首した殺人事件の真相を探るべく、当時愛し合った義妹と推理小説バリの往復書簡を交わしたがこれが見もの、曲者。昭和41年という時代に資産家で起きた毒殺事件。関係者も限られており、犯人を推理で絞込み二人で議論するうちに事件の真相が徐々に明らかになっていく。書簡の中に巧妙に張り巡らされた伏線にはすっかり騙され、二転三転する展開に読み応えも十分。愛が憎しみに変る瞬間を見極める。 …続きを読む
    Vanc
    2023年07月03日
    61人がナイス!しています
  • 往復書簡の形で語られる地方の資産家・楡家で起こった殺人。長女と孫が冷酷に毒殺された事件で動かぬ証拠を突きつけられ、自白したはずの被害者の夫は「実は自分は犯人でない事」を手紙である女性へ語る。それでは誰 往復書簡の形で語られる地方の資産家・楡家で起こった殺人。長女と孫が冷酷に毒殺された事件で動かぬ証拠を突きつけられ、自白したはずの被害者の夫は「実は自分は犯人でない事」を手紙である女性へ語る。それでは誰が犯人なのか?被害者一族で唯一生き残った女性と犯人として逮捕された元弁護士で被害者の夫、2人は往復書簡で自分の推理を繰り広げる。そしてたどり着いた驚きの真相とは?時代設定が昭和41年と少しレトロな印象のお家騒動的ミステリだが、シンプルでとても面白かった。手紙の中に巧妙に張り巡らされた伏線にはすっかり騙された。 …続きを読む
    yukaring
    2023年05月29日
    59人がナイス!しています
  • 往復書簡での明かされる事件の裏側。最初一族の関係が複雑過ぎて戸惑ったけど徐々にわかってきた。 往復書簡での明かされる事件の裏側。最初一族の関係が複雑過ぎて戸惑ったけど徐々にわかってきた。
    坂城 弥生
    2023年04月11日
    47人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品