角川文庫

ミネルヴァの報復

女性弁護士が二転三転する事件に奔走。どんでん返しの傑作本格ミステリ。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年09月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784041066119
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

ミネルヴァの報復

女性弁護士が二転三転する事件に奔走。どんでん返しの傑作本格ミステリ。

  • 著者 深木 章子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年09月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784041066119

女性弁護士が二転三転する事件に奔走。どんでん返しの傑作本格ミステリ。

20年ぶりに会う大学の先輩である辻堂から、妻が離婚に応じないと相談された弁護士の横手皐月。辻堂は愛人のマンションに転がりこみ、ヒモ同然の暮らしをしていた。妻の弁護士からは、愛人が妻に嫌がらせをしてきたとの連絡が。愛人からは妻から損害賠償請求が来たため、正式に横手に弁護依頼をしてきた。ところが、裁判の直前に依頼人である愛人が失踪。さらに妻が弁護士会館で何者かに殺されてしまう。辻堂と妻と愛人の三角関係。二転三転する事件。弱った横手は友人である弁護士・睦木怜に相談する。果たして彼女は真相にたどり着けるのか。
元弁護士の著者だからこそ描ける弁護士業界の奥の奥。読者の予想を裏切り続ける作家・深木章子の最高傑作がついに文庫化。推理作家協会賞候補作、傑作本格ミステリ。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ミネルヴァの報復」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 女弁護士の苦労って、男性弁護士の倍はありそう…。誰かを弁護するというのは、想像以上にストレスの溜まりそうですが、彼女は男性以上に仕事に邁進し、誰よりも生き抜く力を持っているように感じます。訴訟を起こさ 女弁護士の苦労って、男性弁護士の倍はありそう…。誰かを弁護するというのは、想像以上にストレスの溜まりそうですが、彼女は男性以上に仕事に邁進し、誰よりも生き抜く力を持っているように感じます。訴訟を起こされても、それに立ち向かうエネルギーを持っている強い女ですが、いざ大切なものが失われてしまうと弱いもの。女神ミネルヴァのように賢い彼女でも、この複雑な人間関係を読み解きながら進むのは、なかなか難しいようです。それでも、正義を盾に大切な人を守れるならと、必死になって行動する彼女の誠実さに胸にグッときました。 …続きを読む
    ゆかーん
    2018年12月19日
    64人がナイス!しています
  • 弁護士・睦木怜シリーズ長編。彼女の冷静でそつの無いロジカルな推理を楽しめた。語り役である友人の弁護士・横手皐月の感情に任せた言動との対比で一層その印象が際立っていたと思う。横手が自らを戦いの女神ミネル 弁護士・睦木怜シリーズ長編。彼女の冷静でそつの無いロジカルな推理を楽しめた。語り役である友人の弁護士・横手皐月の感情に任せた言動との対比で一層その印象が際立っていたと思う。横手が自らを戦いの女神ミネルヴァに準え、正義よりも自分の怒りのために戦うとしたときはちょっと驚いたが、ある意味人間臭さが感じられるとも言える。事件は横手が翻弄されまくって混迷を極める中、わずかな綻びを見逃さずに一本の筋道を睦木が導いていく。起因に対して幾度も伏線の描写があったが少し微妙か。それでも終盤の見事な推理の畳み掛けを堪能した。 …続きを読む
    buchipanda3🌷
    2018年10月19日
    55人がナイス!しています
  • 初読みの作家さん。自らを戦いの女神ミネルヴァにたとえる直情径行な女性弁護士、横手皐月は大学時代の先輩から持ち込まれた離婚案件を引き受けたばかりに殺人事件に巻き込まれてしまう。沈着冷静な弁護士で横手の親 初読みの作家さん。自らを戦いの女神ミネルヴァにたとえる直情径行な女性弁護士、横手皐月は大学時代の先輩から持ち込まれた離婚案件を引き受けたばかりに殺人事件に巻き込まれてしまう。沈着冷静な弁護士で横手の親友でもある睦月怜、横手の事務所の有能な事務員である佐伯裕美ら、周囲の女性たちに助けられながら真実に迫る横手。事件の真相はともかくメインとなる中年女性3人がそれぞれ個性的で、誰に共感するのかという視点からも楽しめる。終盤の謎解きがやや説明的な点が気になったが、地味ながらも丁寧に組み立てられた物語を楽しめました。 …続きを読む
    じゃがー
    2018年09月18日
    44人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品