試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784041056158

敗者の告白

  • 著者 深木 章子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784041056158

食い違う証言が導く真相とは!? "告白"だけで構成された大逆転ミステリ

とある山荘で会社経営者の妻と8歳の息子が転落死した。夫は無実を主張するも、容疑者として拘束される。しかし、関係者の発言が食い違い、事件は思いも寄らない顔を見せはじめる。遺された妻の手記と息子の救援メール。事件前夜に食事をともにした友人夫妻や、生前に妻と関係のあった男たちの証言。容疑者の弁護人・睦木怜が最後に辿り着く、衝撃の真相とは!? 関係者の“告白”だけで構成された、衝撃の大逆転ミステリ。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「敗者の告白」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • なるほど!まさに『敗者の告白』お見事!ある山荘での妻子の転落死、その後に次々と表出した妻の手記と息子のメールから殺人を疑われたのは夫だった…まずはほぼ家族そして関係者の供述のみの構成が秀逸。同様の内容 なるほど!まさに『敗者の告白』お見事!ある山荘での妻子の転落死、その後に次々と表出した妻の手記と息子のメールから殺人を疑われたのは夫だった…まずはほぼ家族そして関係者の供述のみの構成が秀逸。同様の内容が繰り返されるのにクドさ感じるのは否めないが、男女間を顕著に相互で見解全く違うのを読むのは面白い。すっかり証言が出揃い判決確定されてから、弁護士の振り返りとして明かされる「事件の本質」がスゴい!男性としての経歴や特技、女性ならではの容貌や仕草などから掘りおこすのにはもう脱帽…ちょっと無理はあるだろうけど(笑) …続きを読む
    nobby
    2020年02月19日
    127人がナイス!しています
  • 別荘で母親と息子が転落死するところから話が始まる。それに関係する8人の告白だけで進んでいく話。中盤までダラダラした告白が続く感じだが後半からの逆転劇が面白かった。読み終わってからタイトルに納得。でも朋 別荘で母親と息子が転落死するところから話が始まる。それに関係する8人の告白だけで進んでいく話。中盤までダラダラした告白が続く感じだが後半からの逆転劇が面白かった。読み終わってからタイトルに納得。でも朋樹が可哀想でちょっとモヤモヤ。 …続きを読む
    machi☺︎︎゛
    2019年01月09日
    105人がナイス!しています
  • 以前から読んでみたかった作家さん。妻子が別荘のベランダから転落死。夫が容疑者として逮捕される。しかし無実を主張。そんな中被害者の周りの人達から食い違いのある証言が次々と出てくる。関係者の告白だけで形成 以前から読んでみたかった作家さん。妻子が別荘のベランダから転落死。夫が容疑者として逮捕される。しかし無実を主張。そんな中被害者の周りの人達から食い違いのある証言が次々と出てくる。関係者の告白だけで形成された物語は以前よんだ有吉佐和子著『悪女について』と似ており、完全にのめり込んでしまった。弁護士の経歴のある深木氏にしか描けない人が人を裁くという難しさ、裁判の在り方、弁護士という仕事の割切りなどサスペンスに加え考えさせられる内容だ。人は裏切りやプライドでここまで残酷になれるのかと悲しくも思う。 …続きを読む
    ゆのん
    2018年05月03日
    102人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品