龍に恋う 六 贄の乙女の幸福な身の上

龍に恋う 六 贄の乙女の幸福な身の上

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2024年02月15日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784040747057

龍に恋う 六 贄の乙女の幸福な身の上

  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2024年02月15日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784040747057

銀市を救うため、珠は封印の中へ。けれど銀市は記憶を失っていて……

■□■ 大重版が続く超人気シリーズ、待望の6巻! ■□■

 珠(たま)を守るため自らを封じた銀市(ぎんいち)。彼を救うべく、珠は命を賭けて封印に入り込む。刻限は彼女を守る"髪飾り"の牡丹の花が散りきるまで――。
 しかし、封印の中で再会した銀市は記憶を失い、珠を「知らない」と言い放つ。珠はそこで、人を拒絶していた遠い過去の銀市を知ることに。それでも一心に彼のことを想い……。一方の銀市も、見知らぬはずの少女・珠に記憶を揺さぶられ、どうしようもなく彼女に心寄せてしまう己に戸惑っていた。
 刻々と時が迫るなか、封印の内側では、銀市の人生の岐路(きろ)となった江戸の大火事件が再現され……?

■□■ 登場人物紹介 ■□■

上古 珠(かみこ たま)――数えで16歳となる小柄な少女。銀市に助けられ、雇用される。

古瀬銀市 (ふるせぎんいち)――外見は20代後半の青年。寒空に放り出された珠を拾い、見守る。

瑠璃子(るりこ)――ボブカットの美女。カフェーで働いているモダンガールだが、その正体は……。

御堂智弘(みどうともひろ)――眼鏡をした、三十代半ばの黒髪黒目の軍人。銀市と付き合いがあるようなのだが……。
■□■ 大重版が続く超人気シリーズ、待望の6巻! ■□■

 珠(たま)を守るため自らを封じた銀市(ぎんいち)。彼を救うべく、珠は命を賭けて封印に入り込む。刻限は彼女を守る"髪飾り"の牡丹の花が散りきるまで――。
 しかし、封印の中で再会した銀市は記憶を失い、珠を「知らない」と言い放つ。珠はそこで、人を拒絶していた遠い過去の銀市を知ることに。それでも一心に彼のことを想い……。一方の銀市も、見知らぬはずの少女・珠に記憶を揺さぶられ、どうしようもなく彼女に心寄せてしまう己に戸惑っていた。
 刻々と時が迫るなか、封印の内側では、銀市の人生の岐路(きろ)となった江戸の大火事件が再現され……?

■□■ 登場人物紹介 ■□■

上古 珠(かみこ たま)――数えで16歳となる小柄な少女。銀市に助けられ、雇用される。

古瀬銀市 (ふるせぎんいち)――外見は20代後半の青年。寒空に放り出された珠を拾い、見守る。

瑠璃子(るりこ)――ボブカットの美女。カフェーで働いているモダンガールだが、その正体は……。

御堂智弘(みどうともひろ)――眼鏡をした、三十代半ばの黒髪黒目の軍人。銀市と付き合いがあるようなのだが……。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

序章 哀切乙女のできること

第一章 春愁乙女と龍の邂逅

第二章 清夏乙女と夜花火の哀惜

第三章 乙女、秋立つ

第四章 牡丹乙女はほころぶ

終章 乙女と龍の春隣

あとがき

上古 珠(かみこ たま)

数えで16歳となる小柄な少女。銀市に助けられ、雇用される。

古瀬銀市 (ふるせぎんいち)

外見は20代後半の青年。寒空に放り出された珠を拾い、見守る。

瑠璃子(るりこ)

ボブカットの美女。カフェーで働いているモダンガールだが、その正体は……。

御堂智弘(みどうともひろ)

眼鏡をした、三十代半ばの黒髪黒目の軍人。銀市と付き合いがあるようなのだが……。

コミカライズ好評連載中

担当編集おすすめコメント

第2回富士見ノベル大賞 受賞作

同じシリーズの作品

プロモーションムービー

富士見L文庫『龍に恋う』作品紹介PV

「龍に恋う 六 贄の乙女の幸福な身の上」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 大好きなシリーズ6作目。珠は今までで一番勇気をだして頑張って行動したと思う。銀市と銀古に帰るために。読んでいて珠の成長が嬉しかった。これからずっと珠が銀市のそばにいられるといいな。 大好きなシリーズ6作目。珠は今までで一番勇気をだして頑張って行動したと思う。銀市と銀古に帰るために。読んでいて珠の成長が嬉しかった。これからずっと珠が銀市のそばにいられるといいな。
    Kana
    2024年02月16日
    19人がナイス!しています
  • 掛け軸に封じられた銀市を珠が助けに行くお話。前巻が不穏な終わりで続きが早く読みたくて一気読み!豊房や瑠璃子達といい、銀市や珠の周りには心優しい人が溢れてるな。結局周りは認めているのに自分で自分を苦しめ 掛け軸に封じられた銀市を珠が助けに行くお話。前巻が不穏な終わりで続きが早く読みたくて一気読み!豊房や瑠璃子達といい、銀市や珠の周りには心優しい人が溢れてるな。結局周りは認めているのに自分で自分を苦しめていた銀市も珠の人と龍、どちらもあってほしいという言葉に救われて本当良かった。珠も不安に駆られながらも、身を奮い立たせて行動し、最後はかなり積極的になり本当成長したなと感動。銀古のみんなとお正月を迎えられて良かった。あとはアダムとの和解かな?次巻も楽しみ! …続きを読む
    kuuipo253
    2024年02月19日
    14人がナイス!しています
  • 掛軸の中に自らを封じた銀一を呼び戻すために珠がその中に入ってゆく。期限付きで命の保証もない銀一の心の世界に飛び込み、記憶がない銀一にとまどいながらも、ただ一人の友人豊房や謎の黄金の龍などと関わり銀一の 掛軸の中に自らを封じた銀一を呼び戻すために珠がその中に入ってゆく。期限付きで命の保証もない銀一の心の世界に飛び込み、記憶がない銀一にとまどいながらも、ただ一人の友人豊房や謎の黄金の龍などと関わり銀一の心の傷を癒やしてゆく珠はすごく頑張った。成長したなぁ。みんなでお正月を迎えられたのは何よりです。 …続きを読む
    まき
    2024年02月20日
    9人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品