龍に恋う 四 贄の乙女の幸福な身の上

第2回富士見ノベル大賞 審査員特別賞 受賞シリーズ

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2022年05月13日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784040744179

第2回富士見ノベル大賞 審査員特別賞 受賞シリーズ

龍に恋う 四 贄の乙女の幸福な身の上

  • 著者 道草 家守
  • イラスト ゆきさめ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2022年05月13日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784040744179

秘密を抱える少女と青年が、互いの幸せな居場所を見つける物語。

●〇●待望のシリーズ4巻!●〇●

 勤め先の先輩である瑠璃子(るりこ)が出奔してしまったーー。折しも、口入れ屋・銀古(ぎんこ)の繁忙期。珠(たま)は瑠璃子の代わりに、秋桜(コスモス)の咲き乱れる洋館での勤めを任される。
 珠なりに洋館の"人ならざる者"に真摯に向き合って縁が結ばれ、洋裁を習うことに。銀市(ぎんいち)のシャツを仕立てながら彼を想い、しだいに乙女らしい感情も育んでいく。
 銀市も彼女の花開く姿を慈しむ一方、珠がいずれ自分の手を離れる予感と、只人として生きるには強すぎる彼女の贄の力を憂いていた。さらに、瑠璃子失踪の原因となった存在も珠にそそられ……?

●〇●道草家守の新作『青薔薇アンティークの小公女』も2022年5月、同時刊行●〇●

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

目次
序章 秋空乙女と退職宣言
第一章 派遣乙女と絵画の同僚
第二章 女給乙女と先輩探訪
第三章 再会乙女と運命の女
第四章 乙女の憧れと舞踏の夜
終章 色づく乙女と秋の夜長
あとがき

登場人物紹介

上古 珠(かみこ たま)

数えで16歳となる小柄な少女。銀市に助けられ、雇用される。

古瀬銀市 (ふるせぎんいち)

外見は20代後半の青年。寒空に放り出された珠を拾い、見守る。

瑠璃子(るりこ)

ボブカットの美女。カフェーで働いているモダンガールだが、その正体は……。

御堂智弘(みどうともひろ)

眼鏡をした、三十代半ばの黒髪黒目の軍人。銀市と付き合いがあるようなのだが……。

コミカライズ好評連載中


編集おすすめコメント


富士見ノベル大賞 受賞作


https://lbunko.kadokawa.co.jp/award/
第2回 富士見ノベル大賞 審査員特別賞 受賞作品



特集サイト



https://lbunko.kadokawa.co.jp/special/ryukoi/
特集サイトにて、特別書き下ろしショートストーリー公開中!


特別SSが読める作品特集サイトはこちら


メディアミックス情報

NEWS

コミカライズ好評連載中

原作:道草家守(富士見L文庫/KADOKAWA刊)
漫画:ゆきじるし
キャラクター原案:ゆきさめ

©Yamori Mitikusa Licensed by KADOKAWA CORPORATION

プロモーションムービー

作品紹介PV

「龍に恋う 四 贄の乙女の幸福な身の上」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 瑠璃子が口入れ屋を辞めると言い出した今巻。瑠璃子がいない間、人の身で働いていた場所に、珠が行くことになる。そこで出会ったのは、洋服が好きな老婦人。そのおかげで珠は懸案事項であったシャツを銀市に渡すこと 瑠璃子が口入れ屋を辞めると言い出した今巻。瑠璃子がいない間、人の身で働いていた場所に、珠が行くことになる。そこで出会ったのは、洋服が好きな老婦人。そのおかげで珠は懸案事項であったシャツを銀市に渡すことができた。そこから瑠璃子の過去を知る。瑠璃子の元の主であった人物は、老婦人の姉で、無惨にも吸血鬼に同胞にされてしまった。主の矜持を守るため、その手をくだした瑠璃子だったが、その手の事件が再び起き、復讐を誓う。→珠の恋心が少しずつ育っていくんだけど、どうしても生きる時間が異なるから銀市も踏み出せない(続 …続きを読む
    かなで
    2022年06月01日
    24人がナイス!しています
  • 4巻目。猫又の瑠璃子が銀古を退職し、瑠璃子の変わりのお仕事を珠がすることに。本作では初めて西洋ものが登場し、新たな雰囲気にワクワクしながら読みました。1巻から割とメインキャラである瑠璃子の成り立ちを知 4巻目。猫又の瑠璃子が銀古を退職し、瑠璃子の変わりのお仕事を珠がすることに。本作では初めて西洋ものが登場し、新たな雰囲気にワクワクしながら読みました。1巻から割とメインキャラである瑠璃子の成り立ちを知れてよかった。瑠璃子はもちろん、妖も人間も魅力溢れる方ばかりで読んでいて楽しい。人や妖との付き合い方を銀古で働くことで知り、感情が表に出るようになっていく珠が可愛くて涙が出そうになる。巻を追うごとに珠のことが大好きになっていく。そして新たに芽生えた想いがどう育っていくのか、とてもとても楽しみです。 …続きを読む
    ミヤビ
    2022年05月18日
    22人がナイス!しています
  • 借り物。今回は洋装など渡来物が中心・瑠璃子の過去編。 珠が大分感情を表に出せるようになってきました。まだ自分の気持ちの機微に少し疎いですが…。気づいた時、どういう行動に出るのだろうか…。 借り物。今回は洋装など渡来物が中心・瑠璃子の過去編。 珠が大分感情を表に出せるようになってきました。まだ自分の気持ちの機微に少し疎いですが…。気づいた時、どういう行動に出るのだろうか…。
    ルシュエス
    2022年05月30日
    19人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

写真:道草家守

道草家守

2013年からWEBで小説投稿を開始し、2015年に作家デビュー。
以来、『帝都コトガミ浪漫譚 勤労乙女と押しかけ従者』(ことのは文庫)、富士見ノベル大賞審査員特別賞受賞作を改題・改稿のうえ上梓した「龍に恋う」シリーズ(KADOKAWA)など著作多数。
多くの読者をとりこにしてやまない。

最近チェックした商品