旺華国後宮の薬師 5 電子版

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2021年12月15日
商品形態:
電子書籍

旺華国後宮の薬師 5

  • 著者 甲斐田 紫乃
  • イラスト 友風子
発売日:
2021年12月15日
商品形態:
電子書籍

『薬師』か、『妃』か――? 皇帝の寵を巡り心が揺れる英鈴は……。

かつて敵国だった金枝国へ『おいしい薬』を提供し、皇帝・朱心の専属お薬係の座を守った英鈴。
ところが金枝国から返還された人質の暁青が嬪として後宮に入ると、たちまち朱心のお渡り疑惑が浮上。
「まさか陛下が」と思う英鈴だが、妃嬪たちのお茶会に参加する暁青の様子を見て、とある違和感に気づいてしまう。
何かを隠す彼女に疑念が深まる中、朱心が夜に出歩いていたという話まで聞き、英鈴は心が揺さぶられ……!?
「たとえ恋敵になろうと、私は私の務めを果たすだけ」
後宮の戦いを『薬』で切り抜けられるか――?

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「旺華国後宮の薬師 5」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 敵国・金枝国へ薬を提供し、皇帝・朱心の専属お薬係の座を守った英鈴。ところが金枝国から返還された人質の丁暁青が嬪として後宮に入ると、朱心のお渡り疑惑が浮上する第五弾。まさかと思う英鈴が妃嬪たちのお茶会に 敵国・金枝国へ薬を提供し、皇帝・朱心の専属お薬係の座を守った英鈴。ところが金枝国から返還された人質の丁暁青が嬪として後宮に入ると、朱心のお渡り疑惑が浮上する第五弾。まさかと思う英鈴が妃嬪たちのお茶会に参加する丁暁青の様子を見て気づいてしまう違和感。何かを隠す丁暁青に周囲の疑念も深まる中で、朱心の行動に感じた不安に動揺する英鈴。それでも彼女がなすべきことを思い出し、毅然と振る舞ってみせたからこそ導けた結末は良かったですけど、ようやく自覚した想いが今後の展開にどう影響を及ぼすのか、気になるところではあります。 …続きを読む
    よっち
    2022年05月06日
    28人がナイス!しています
  • 相変わらず貴妃なのに侍女や側近がいなくて、1人でモダモダするのがモヤっとする。妃の懐妊も普通に考えて隣国から来た所なので、後宮に入る前を真っ先に考えそうなのに、その考えに至らないのが不思議でモヤモヤ。 相変わらず貴妃なのに侍女や側近がいなくて、1人でモダモダするのがモヤっとする。妃の懐妊も普通に考えて隣国から来た所なので、後宮に入る前を真っ先に考えそうなのに、その考えに至らないのが不思議でモヤモヤ。やっと皇帝朱心への想いを自覚したけど、このお話はどこへ行くのかしら? …続きを読む
    はなりん
    2022年03月06日
    11人がナイス!しています
  • 隣国に人質として行っていた暁青が返還され嬪として後宮へ。空位だった德妃となるのではないかと、後宮内は疑心暗鬼でドロドロでーす。その中心はやはり呂賢妃一派。本当に悪どいわ~。そして英鈴は皇帝 朱心への 隣国に人質として行っていた暁青が返還され嬪として後宮へ。空位だった德妃となるのではないかと、後宮内は疑心暗鬼でドロドロでーす。その中心はやはり呂賢妃一派。本当に悪どいわ~。そして英鈴は皇帝 朱心への想いに気づいて動揺します。前皇帝の喪があけ皇后への道は更に前途多難と思われます。 …続きを読む
    豆乳くま
    2022年01月11日
    10人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品