旺華国後宮の薬師

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年07月13日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784040732381

旺華国後宮の薬師

  • 著者 甲斐田 紫乃
  • イラスト 友風子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年07月13日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784040732381

皇帝のお薬係が目指す、『おいしい』処方とは――!?

『不苦の良薬』――苦くない、誰でも飲みやすい良薬こそ至高。
後宮の官女・英鈴は、そう志して女だてらに薬師を目指している。
ある日、後宮で薬茶を売り始めると、珍しい処方に興味を持った皇帝から呼び出される。
すると、「甘党の余のために、苦い薬を飲みやすくしてほしい」と、皇帝専属のお薬係に任命された。
処方を気に入られた喜びも束の間、妃に昇格すると言われてしまい……?
「私が目指しているのは、妃ではなく薬師です!」
皇帝のお気に入りが「おいしい処方」を掲げて活躍する、中華おくすり物語!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「旺華国後宮の薬師」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 『不苦の良薬』誰でも飲みやすい良薬を志して女だてらに薬師を目指し薬屋の娘から後宮の官女になった英鈴。珍しい処方の薬茶を売り始めた英鈴に皇帝が興味を持ち、皇帝専属のお薬係に任命される後宮小説。珍しい処方 『不苦の良薬』誰でも飲みやすい良薬を志して女だてらに薬師を目指し薬屋の娘から後宮の官女になった英鈴。珍しい処方の薬茶を売り始めた英鈴に皇帝が興味を持ち、皇帝専属のお薬係に任命される後宮小説。珍しい処方で宮女の身ながら皇帝に興味を持たれ、嫉妬により後宮内で窮地に陥りかけたところを、逆に皇帝に昭儀に任じられた英鈴。書きたい意図は分かるのですが、その力を活かすために貴妃まで昇格させたり、地方の流行病を皇帝と一緒に解決したり、段階をすっ飛ばし気味というか、皇帝自身がいろいろ動きすぎなのは少しばかり気になりました。 …続きを読む
    よっち
    2019年09月06日
    34人がナイス!しています
  • 後宮とか薬とか最近多い題材だなと思いながら手にとってみました。ちょっとインパクト弱いような。立身の方はトントン拍子で呆気ないし、相手役の皇帝はわざとらしく誤解を招く言動が魅力的とは言いがたくて。残念な 後宮とか薬とか最近多い題材だなと思いながら手にとってみました。ちょっとインパクト弱いような。立身の方はトントン拍子で呆気ないし、相手役の皇帝はわざとらしく誤解を招く言動が魅力的とは言いがたくて。残念ながら、何だか引き込まれるところがなかったです。恋愛方面はまだ続けられそうな終わり方だったけど、続きはもういいかな。 …続きを読む
    すがはら
    2019年08月09日
    7人がナイス!しています
  • 良薬口に苦し…とされる漢方薬を万人が飲みやすくする為に改良する薬師志望のヒロインが夢を叶える為に後宮で働く事になり、上り詰めていくサクセスストーリー。中々読めない皇帝の真意と立て続けの薬の改良の依頼。 良薬口に苦し…とされる漢方薬を万人が飲みやすくする為に改良する薬師志望のヒロインが夢を叶える為に後宮で働く事になり、上り詰めていくサクセスストーリー。中々読めない皇帝の真意と立て続けの薬の改良の依頼。それらを熟す事で次第に見えてくる皇帝像。この後はそれに恋でも芽生えてくるのでしょうか。続きを読んでみたくなりました。 …続きを読む
    紅羽
    2019年08月24日
    6人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品