旺華国後宮の薬師 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2019年07月13日
商品形態:
電子書籍

旺華国後宮の薬師

  • 著者 甲斐田 紫乃
  • イラスト 友風子
発売日:
2019年07月13日
商品形態:
電子書籍

皇帝のお薬係が目指す、『おいしい』処方とは――!?

『不苦の良薬』――苦くない、誰でも飲みやすい良薬こそ至高。
後宮の官女・英鈴は、そう志して女だてらに薬師を目指している。
ある日、後宮で薬茶を売り始めると、珍しい処方に興味を持った皇帝から呼び出される。
すると、「甘党の余のために、苦い薬を飲みやすくしてほしい」と、皇帝専属のお薬係に任命された。
処方を気に入られた喜びも束の間、妃に昇格すると言われてしまい……?
「私が目指しているのは、妃ではなく薬師です!」
皇帝のお気に入りが「おいしい処方」を掲げて活躍する、中華おくすり物語!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「旺華国後宮の薬師」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 新刊。率直に、好き!とある過去から信念を抱いて薬師を目指す主人公が、ひょんなことから後宮の宮女になり薬の知識と度胸を駆使して人生を切り拓いていく…という、王道と言えば王道なお話。分かりやすく読みやすい 新刊。率直に、好き!とある過去から信念を抱いて薬師を目指す主人公が、ひょんなことから後宮の宮女になり薬の知識と度胸を駆使して人生を切り拓いていく…という、王道と言えば王道なお話。分かりやすく読みやすいです。主人公の性格も、皇帝のちょっと俺様なキャラも魅力的で好み。主人公に色々と困難が降りかかるには降りかかりますが、なかなかスピーディーな展開で出世が過ぎる。笑 朱心側の心情をもっと教えてほしい!キュン要素もまだまだ物足りないし(笑)、この設定と世界観はとても良いので続刊を楽しみにしています。 …続きを読む
    あっか
    2019年12月02日
    74人がナイス!しています
  • 『不苦の良薬』誰でも飲みやすい良薬を志して女だてらに薬師を目指し薬屋の娘から後宮の官女になった英鈴。珍しい処方の薬茶を売り始めた英鈴に皇帝が興味を持ち、皇帝専属のお薬係に任命される後宮小説。珍しい処方 『不苦の良薬』誰でも飲みやすい良薬を志して女だてらに薬師を目指し薬屋の娘から後宮の官女になった英鈴。珍しい処方の薬茶を売り始めた英鈴に皇帝が興味を持ち、皇帝専属のお薬係に任命される後宮小説。珍しい処方で宮女の身ながら皇帝に興味を持たれ、嫉妬により後宮内で窮地に陥りかけたところを、逆に皇帝に昭儀に任じられた英鈴。書きたい意図は分かるのですが、その力を活かすために貴妃まで昇格させたり、地方の流行病を皇帝と一緒に解決したり、段階をすっ飛ばし気味というか、皇帝自身がいろいろ動きすぎなのは少しばかり気になりました。 …続きを読む
    よっち
    2019年09月06日
    39人がナイス!しています
  • 過去にあったある出来事もあり、誰でも苦くない飲みやすい薬作りが目標で薬師を目指す英鈴。まさかの皇帝が英鈴の薬に興味を持ち、皇帝と関わることになり、妃にまで昇格・・・。ん~話の内容は面白かったけど、個人 過去にあったある出来事もあり、誰でも苦くない飲みやすい薬作りが目標で薬師を目指す英鈴。まさかの皇帝が英鈴の薬に興味を持ち、皇帝と関わることになり、妃にまで昇格・・・。ん~話の内容は面白かったけど、個人的に皇帝があまり好きになれず。これから変わってくるのかなー? …続きを読む
    チロ子
    2020年06月26日
    29人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品