試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年12月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784041120682

扉の影の女

  • 著者 横溝 正史
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年12月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784041120682

横溝正史没後40年記念復刊! 金田一の日常生活をも浮き彫りにする異色作

築地の橋下で発見された若い女性の変死体。依頼人によると犯行現場は築地ではなく、西銀座の路地だという。事件の謎が俄然金田一の闘志を掻き立てる。金田一耕助の謎めいた日常生活も描く異色作!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

扉の影の女
鏡が浦の殺人
解説 中島河太郎

メディアミックス情報

NEWS

「扉の影の女」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 数十年ぶりの再読。表題の作品と東京近郊の海水浴場を舞台とした「鏡が浦の殺人」の2作品から構成されています。メインは表題の作品で、犯行にハットピンを使用、パージが解けて復活、夜行急行「月光」、駅の伝言板 数十年ぶりの再読。表題の作品と東京近郊の海水浴場を舞台とした「鏡が浦の殺人」の2作品から構成されています。メインは表題の作品で、犯行にハットピンを使用、パージが解けて復活、夜行急行「月光」、駅の伝言板、ヒロポン中毒…。昭和30年代の時代模様の一端が窺えました。この作品は旧家を舞台としたものではありませんが、金田一耕助の日常生活、成功報酬などについて描かれており、それなりに楽しめました。 …続きを読む
    紫陽花
    2022年04月10日
    34人がナイス!しています
  • こちらも復刊。『扉の影の女』では金田一耕助の浪費癖とか等々力警部との微妙な距離感とか面白い。有名な作品だけでなくこう言うのも復刊してくれるのは嬉しい。 こちらも復刊。『扉の影の女』では金田一耕助の浪費癖とか等々力警部との微妙な距離感とか面白い。有名な作品だけでなくこう言うのも復刊してくれるのは嬉しい。
    ホームズ
    2022年01月04日
    16人がナイス!しています
  • 復刊記念に旧版を再読。 表題作はここでは評判悪いが、個人的には好き。自分に都合の悪い事は語ろうとしない事件の依頼人たちとの金田一の駆け引きが見物。犯人当てとしては確かに期待外れだが、推理する要素はある 復刊記念に旧版を再読。 表題作はここでは評判悪いが、個人的には好き。自分に都合の悪い事は語ろうとしない事件の依頼人たちとの金田一の駆け引きが見物。犯人当てとしては確かに期待外れだが、推理する要素はあるし それだけで作品自体を否定してしまうのは勿体ない気も。 等々力警部や多門修との関係、報酬や普段の生活等が垣間見れる、金田一耕助ファンなら読んで損無し。落ちも良い。元の短篇は光文社「金田一耕助の帰還」で読めるので、比べてみるのも面白いかも。 「鏡が浦~」は、横溝氏の某長篇を彷彿させる 犯人の恐ろしさが際立つ。 …続きを読む
    T
    2022年03月27日
    10人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品