試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2022年01月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041123522

びっくり箱殺人事件

  • 著者 横溝 正史
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2022年01月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041123522

横溝正史生誕120年記念復刊! 横溝正史の異色傑作!

箱の蓋をはね上げ、バネ仕掛けの人形のように男が飛び出した。だが瞬間、まえのめりに倒れこむと激しく痙攣し始めた。男の胸には、箱の中に強いスプリングでとめられた鋭い短剣が突きささって……。スリラーふう軽演劇『パンドーラの匣』の舞台で起った、恐怖の殺人事件! 名推理で犯人を追いつめる等々力警部の活躍は? 本格推理小説の異色傑作。ほか「蜃気楼島の情熱」を収録。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

びっくり箱殺人事件
蜃気楼島の情熱
解説 中島河太郎

メディアミックス情報

NEWS

「びっくり箱殺人事件」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 記念復刊につき再読です。「びっくり箱殺人事件」の方はちょっとふざけた感じです。「蜃気楼島の情熱」は以前に読んだときも、なんだかいや~な気持ちになりました。そんなことで愛する人を失ってしまうなんて。早く 記念復刊につき再読です。「びっくり箱殺人事件」の方はちょっとふざけた感じです。「蜃気楼島の情熱」は以前に読んだときも、なんだかいや~な気持ちになりました。そんなことで愛する人を失ってしまうなんて。早く伝えておいてあげたらよかったのに。もちろん自分勝手な欲で人を殺す奴が悪いんだけど。あぁ。 …続きを読む
    つきか
    2022年01月26日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品