偽りの春 神倉駅前交番 狩野雷太の推理

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年09月18日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041118764

偽りの春 神倉駅前交番 狩野雷太の推理

  • 著者 降田 天
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年09月18日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041118764

この”おまわりさん”からは逃げられない。日本推理作家協会賞受賞作!

老老詐欺グループを仕切っていた光代は、メンバーに金を持ち逃げされたうえ、『黙っていてほしければ、一千万円を用意しろ』と書かれた脅迫状を受け取る。要求額を用立てるために危険な橋を渡った帰り道、へらへらした警察官に声をかけられ――。第71回日本推理作家協会賞(短編部門)を受賞した表題作「偽りの春」をはじめ、“落としの狩野”と呼ばれた元刑事の狩野雷太が5人の容疑者と対峙する、心を揺さぶるミステリ短編集。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

鎖された赤
偽りの春
名前のない薔薇
見知らぬ親友
サロメの遺言

解説:香山二三郎

メディアミックス情報

NEWS

「偽りの春 神倉駅前交番 狩野雷太の推理」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 狩野雷太、警察官にしてはただ者ではないと思ったが、やっぱり曰く付きの警察官だったか。元刑事というね。しかも“落としの狩野”という異名つき。古畑任三郎を彷彿させる洞察力は見事。しかもこの男、間違いや誤り 狩野雷太、警察官にしてはただ者ではないと思ったが、やっぱり曰く付きの警察官だったか。元刑事というね。しかも“落としの狩野”という異名つき。古畑任三郎を彷彿させる洞察力は見事。しかもこの男、間違いや誤りを素直に認め、しっかり謝れる。なんともナイスガイな男だ。狩野雷太に魅了され、心を躍らされた。容疑者と対峙するシーンが楽しみでページをめくる手が止まらなかった。彼のパートナーのみっちゃんもなかなかの者だ。冷静で忍耐力もあり、こちらも魅力的だ。今作は短編だったが、長編もあるということなので、長編も読んでみたい。 …続きを読む
    しんごろ
    2021年11月30日
    200人がナイス!しています
  • 狩野雷太シリーズはここから始まったのだ。紛れもなく狩野雷太の推理短編5話。面白く読んだ。ラスト2話は連作になっていた。芸術家って怖いねが正直なところ。狩野が交番のお巡りさんでいる訳が読めてスッキリする 狩野雷太シリーズはここから始まったのだ。紛れもなく狩野雷太の推理短編5話。面白く読んだ。ラスト2話は連作になっていた。芸術家って怖いねが正直なところ。狩野が交番のお巡りさんでいる訳が読めてスッキリするものの、こんなお巡りさんは犯人側にしたらイヤだろうなぁ(笑)犯人でなくても私の傍にはいてほしくない感じ。だって全て見透かされていそうだもの(汗)『朝と夕の犯罪』を先に読んでしまったが、これから読む方はこちらから読むのを勧めたい。 …続きを読む
    いつでも母さん
    2021年11月08日
    191人がナイス!しています
  • お気に入り著者の文庫新刊。倒叙ミステリーの短編集。犯罪者らが、交番勤務の警察官による職務質問に対峙する。警察官の狩野は過去のある事件により刑事から交番勤務に異動。だが、その鋭い感と犯人を追い詰める尋問 お気に入り著者の文庫新刊。倒叙ミステリーの短編集。犯罪者らが、交番勤務の警察官による職務質問に対峙する。警察官の狩野は過去のある事件により刑事から交番勤務に異動。だが、その鋭い感と犯人を追い詰める尋問技術は衰えを見せていない。第一人称が容疑者ゆえに、自分が追い詰められる感覚を楽しめる(楽しくはないか。)事件も誘拐監禁犯、特殊詐欺など様々だが、薔薇泥棒の第3章と、芸大生殺人事件の第5章が印象深い。狩野が刑事をやめた事件など奥行きのある設定で、すぐに長編も刊行されるとのことで楽しみ。大満足の一冊。 …続きを読む
    ponpon
    2021年09月21日
    115人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品