偽りの春 神倉駅前交番 狩野雷太の推理

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年04月26日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
272
ISBN:
9784041079461

偽りの春 神倉駅前交番 狩野雷太の推理

  • 著者 降田 天
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年04月26日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
272
ISBN:
9784041079461

あなたは5回、必ずだまされる。第71回日本推理作家協会賞受賞作!

高齢者詐欺グループのリーダー、光代は、手足として使っていたはずの仲間に金を持ち逃げされてしまう。さらに、彼女の過去の犯罪をネタに、一千万円を要求する脅迫状が届く。追い詰められた彼女は、普段は考えない強引な方法で事態の打開を図るが、成功したと思われたそのとき、1人の警察官が彼女に声を掛けてくる――。「落としの狩野」と言われた刑事を主人公に、人々の一筋縄ではいかない情念を描く、日本推理作家協会賞受賞作「偽りの春」収録、心を震わすミステリ短編集。

卓越した筆力で選考委員をうならせた、第71回日本推理作家協会賞(短編部門)受賞作!

大沢在昌
悪い奴の、そのまた上をいく悪い奴がいて、それを見抜く目をもつ警察官が登場する。だまされる快感を味わった。

逢坂剛
読む者の予想を次つぎにくつがえし、意表をつく展開に落とし込む筆力は、並のものではない。
(第71回日本推理作家協会賞 選評より)


メディアミックス情報

NEWS

「偽りの春 神倉駅前交番 狩野雷太の推理」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 降田さん3冊目。『コロンボ』や『古畑任三郎』で知られている、まず犯人側から描き、それを暴いてゆく捜査側という倒叙形式で描かれた短編が5つ…真新しい形式ではないが、今風のイヤミス感を味付けにして、著者な 降田さん3冊目。『コロンボ』や『古畑任三郎』で知られている、まず犯人側から描き、それを暴いてゆく捜査側という倒叙形式で描かれた短編が5つ…真新しい形式ではないが、今風のイヤミス感を味付けにして、著者なりのオリジナリティを出そうとしているのが伝わってくる。鋭い推理力を持つ主役・狩野が一見「変なおまわりさん」なのに辛い過去を背負わせ、後輩・月岡や上司・葉桜も巧くキャラ立ちしているので、シリーズの骨格が出来ていると思うし、ドラマの原作にピッタリ。ただ、固有名詞が多く明らかに鎌倉になのに、何故『神倉』なのだろう? …続きを読む
    しんたろー
    2019年08月14日
    209人がナイス!しています
  • 元捜一の敏腕刑事でありながら現在は交番で警官の任に就く狩野。五つの事件を通して、僅かな挙動不審から罪の可能性を探る直感力、些細な会話の齟齬を逃さない洞察力という、彼の卓越した能力が倒叙形式で描かれる。 元捜一の敏腕刑事でありながら現在は交番で警官の任に就く狩野。五つの事件を通して、僅かな挙動不審から罪の可能性を探る直感力、些細な会話の齟齬を逃さない洞察力という、彼の卓越した能力が倒叙形式で描かれる。略取、詐欺、窃盗、盗作、殺意、平然を装いながらも露見への恐れを抱き続ける犯罪者たちに対し、ジワジワと心理的圧迫をかけていく狩野。追い詰められる側のリアル過ぎる心理描写に、心拍数も上昇一途だ。マイベストは倒叙から更に捻りのある真相に驚愕させられた「鎖された赤」、寂しい人生と罪の因果に胸がつまる「偽りの春」。 …続きを読む
    Yoko Omoto
    2019年08月29日
    145人がナイス!しています
  • シリーズ化希望、の一冊。犯人目線、以外な驚き、苦味のある驚きと…いろいろ楽しめた。交番の狩野巡査との会話で、主人公の心拍数が上がる緊張感、焦り、超高速であろう頭の回転、追い詰められる過程、心理描写が面 シリーズ化希望、の一冊。犯人目線、以外な驚き、苦味のある驚きと…いろいろ楽しめた。交番の狩野巡査との会話で、主人公の心拍数が上がる緊張感、焦り、超高速であろう頭の回転、追い詰められる過程、心理描写が面白い。こういう読み手をグッと惹きつける手法はこちらまで緊迫感を味わえるから好きだ。飄々とした雰囲気を醸し出しながらも全てをお見通しという、狩野巡査の鋭い洞察力に感嘆のため息。鋭く切り込んできたかと思うとサラッとひいていく、これには犯人は心かき乱されるよね。シリーズ化でまた会いたい人物の一人。 …続きを読む
    ちょろこ
    2019年08月29日
    119人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

降田 天(ふるた てん)

プロット担当の萩野瑛と執筆担当の鮎川颯による作家ユニット。「女王はかえらない」で第13回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞し、同名義でデビュー。

最近チェックした商品