試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

ニコニコカドカワ祭り2021
ニコニコカドカワ祭り2021
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年09月29日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
336
ISBN:
9784041111642

朝と夕の犯罪

  • 著者 降田 天
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年09月29日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
336
ISBN:
9784041111642

日本推理作家協会賞受賞シリーズ。慟哭必至のミステリ。

別々の人生を歩み、10年ぶりに再会したアサヒとユウヒの兄弟。ふたりはある目的のため、狂言誘拐を実行に移す。その犯罪は成功したかに見えたが、思いもよらない結末を迎えることになった。
それから8年後、神倉駅前交番の警察官・狩野雷太は、マンションの一室で衰弱した男児を保護する。男児の傍らには、餓死した妹の亡骸があった。神奈川県警捜査一課の烏丸靖子は兄妹の母親を取り調べるが、彼女がかつて誘拐事件に巻き込まれていたことがわかり、状況は一変する。悲劇的な事件の裏に横たわる、さらなる衝撃とは――。 


  • ニコニコカドカワ祭り2021
    ニコニコカドカワ祭り2021

メディアミックス情報

NEWS

「朝と夕の犯罪」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 家族を選ぶ権利・・本作で私はまた【家族】を考えさせられた。幼子には選ぶ権利などない。どんな非情な親だとしても子供には全てだ。家族が苦しく自分をも否定する時、大人になった子供はどうするー狩野雷太シリーズ 家族を選ぶ権利・・本作で私はまた【家族】を考えさせられた。幼子には選ぶ権利などない。どんな非情な親だとしても子供には全てだ。家族が苦しく自分をも否定する時、大人になった子供はどうするー狩野雷太シリーズ前作は読んでいないが、虐待を扱う作品は苦しくしんどい。偽りでも家族、見せかけだけの家族・・幸せって何だろう。真相にたどり着いた時、あまりにも悲しくて虚しくて遣る瀬無い。亡くなった幼子がただただ痛ましい。せめて夕夜のこれからの日々が穏やかで暖かくありますように。初めての降田天、じっくりと堪能した。 …続きを読む
    いつでも母さん
    2021年10月20日
    179人がナイス!しています
  • 幼い頃、離れ離れになった兄弟アサヒとユウヒ。10年ぶりに再会した二人はある目的のため狂言誘拐を実行する。8年後、母親が幼い子供を置き去りにし衰弱死させる事件が起きる。狂言誘拐が招いた悲劇の裏にどうして 幼い頃、離れ離れになった兄弟アサヒとユウヒ。10年ぶりに再会した二人はある目的のため狂言誘拐を実行する。8年後、母親が幼い子供を置き去りにし衰弱死させる事件が起きる。狂言誘拐が招いた悲劇の裏にどうしても隠したい真実があった。負の連鎖という虐待連鎖。いろいろと切なく苦しい真実が痛ましい。自室で亡くなった女の子、そしてその傍で弱っていたお兄ちゃん。死んでしまった妹とお兄ちゃんの抱えた後悔を思うと泣きたくなる。どんな理由があっても罪は罪だ。「偽りの春」の狩野雷太巡査が活躍するけれど…シリーズ? …続きを読む
    さっこ
    2021年10月06日
    77人がナイス!しています
  • 凄まじかった。『偽りの春』に続く狩野雷太シリーズ第二弾は虐待をテーマにした二部構成の長編小説。一部ではアサヒとユウヒの兄弟が実行した狂言誘拐が描かれる。それから8年後、とあるマンションの一室で衰弱した 凄まじかった。『偽りの春』に続く狩野雷太シリーズ第二弾は虐待をテーマにした二部構成の長編小説。一部ではアサヒとユウヒの兄弟が実行した狂言誘拐が描かれる。それから8年後、とあるマンションの一室で衰弱した男児が発見された第二部から物語は大きく動いていく。児童虐待、養護施設内の陰湿ないじめ、壮絶な場面に何度も目を背けたくなる。短絡的とも思えた狂言誘拐の裏に隠されていた真実に衝撃を受け、更にそれまで信じていた事柄も次々と反転していき、その度に驚きと切なさで胸が詰まる。罪のない子らの慟哭が聴こえて来るような一冊だ。 …続きを読む
    よつば
    2021年10月18日
    72人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品