試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年09月18日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784041118429

魔女の暦

  • 著者 横溝 正史
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年09月18日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784041118429

没後40年記念復刊! 横溝正史の傑作長編ミステリ!

浅草のレビュー小屋舞台中央で起きた残虐な殺人事件。魔女役が次々と殺される――。不適な予告をする犯人「魔女の暦」の狙いは? 怪奇な雰囲気に本格推理の醍醐味を盛り込む、傑作長編推理

もくじ

魔女の暦
火の十字架
解説
  • ニコニコカドカワ祭り2021
    ニコニコカドカワ祭り2021

メディアミックス情報

NEWS

「魔女の暦」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 表題作「魔女の暦」と「火の十字架」の中編が2編。金田一宛に送られた謎の手紙から物語が展開。割り切った男女関係そうだけど、割り切れない愛憎劇と、戦争の爪跡を感じさせる感慨深い内容でした。 表題作「魔女の暦」と「火の十字架」の中編が2編。金田一宛に送られた謎の手紙から物語が展開。割り切った男女関係そうだけど、割り切れない愛憎劇と、戦争の爪跡を感じさせる感慨深い内容でした。
    やま
    2021年10月01日
    3人がナイス!しています
  • 表題作のほうは会話シーンが延々と続いて間延びしている。あらかじめ知っていたからよけいそう感じるのかもしれないが、短編を無理やり引き伸ばした感があった。併載の「火の十字架」のほうがスピード感もあってよか 表題作のほうは会話シーンが延々と続いて間延びしている。あらかじめ知っていたからよけいそう感じるのかもしれないが、短編を無理やり引き伸ばした感があった。併載の「火の十字架」のほうがスピード感もあってよかった。 …続きを読む
    xuehuabing
    2021年10月07日
    1人がナイス!しています
  • 復刊されたので、再読です。このあとも復刊が続き、私が好きな作品もあるようなので楽しみです。 復刊されたので、再読です。このあとも復刊が続き、私が好きな作品もあるようなので楽しみです。
    つきか
    2021年09月19日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品