試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年07月16日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784041116487

花嫁化鳥

  • 著者 寺山 修司
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年07月16日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784041116487

最も“カッコイイ”文学者が描く、型破りな紀行文!

稀代の文学者・寺山修司が旅した日本各地に存在する不可思議な世界。
自らの手で集めた資料をもとに、奇妙な風習の謎を解き明かしていく。
日本人の血の原点を探った、寺山流のユニークな紀行文学。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「花嫁化鳥」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 読了:◎ 日本における奇怪な風習。奇祭。それらがなぜ現在においても残されているのかを考察しながら、日本人観にもせまる紀行文。自身を探偵・金田一耕助となぞらえて旅をして、根底にある、呪術的な因果連鎖的血 読了:◎ 日本における奇怪な風習。奇祭。それらがなぜ現在においても残されているのかを考察しながら、日本人観にもせまる紀行文。自身を探偵・金田一耕助となぞらえて旅をして、根底にある、呪術的な因果連鎖的血縁をひらめかしたりもする。寺山らしい土俗要素に満ちており、歴史とはただの物語や伝説でしかなかったものだった彼にとって、この旅は、しかとした現実となり、日本人の概念ともなり、現実の血肉にもなったのだと思った。 …続きを読む
    ハルト
    2021年09月02日
    9人がナイス!しています
  • タイトルの、綺麗だけれど恐ろしい響きに惹かれて手にした一冊。書の中でも言っているように、自分を金田一耕助に準えて、日本にひっそりと息づき続けている風習の謎を考察していく紀行文。どの章も、系統は違えど、 タイトルの、綺麗だけれど恐ろしい響きに惹かれて手にした一冊。書の中でも言っているように、自分を金田一耕助に準えて、日本にひっそりと息づき続けている風習の謎を考察していく紀行文。どの章も、系統は違えど、どことなく浦淋しさと、親子に始まる血縁の柵のようなものを感じる。 …続きを読む
    おゆき
    2021年08月08日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品