ぬばたまの黒女 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2021年06月15日
商品形態:
電子書籍

ぬばたまの黒女

  • 著者 阿泉 来堂
発売日:
2021年06月15日
商品形態:
電子書籍

『ナキメサマ』の著者が送る、ホラーエンタメド直球のどんでん返し第2弾!

神出鬼没のホラー作家にして怪異譚蒐集家・那々木悠志郎再び登場!
生まれ故郷の村が近隣の町に吸収合併されると知り、十二年ぶりに道東地方の寒村、皆方村を訪れた井邑陽介。
妊娠中で情緒不安定の妻から逃げるように里帰りした陽介は、かつての同窓生から、村の精神的シンボルだった神社一族が火事で焼失し、憧れだった少女が亡くなっていたことを告げられる。
さらに焼け跡のそばに建立された新たな神社では全身の骨が折られた死体が発見されるという、壮絶な殺人事件が起こっていた――。深夜、陽介と友人たちは、得体のしれない亡霊が村内を徘徊する光景を目撃し、そして事件は起こった――。
果たして村では何が行われているのか。異端のホラー作家那々木が挑む、罪と償いの物語。『ナキメサマ』の著者が送る、ホラーエンタメド直球のどんでん返しホラー第2弾!
  • カドフェス2021
    カドフェス2021

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ぬばたまの黒女」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 前作を踏襲するような内容で、途中で若干飽きが出て来た。 一番の衝撃は今作の主人公の妻が、故人と思われていた霧絵だった事。 前作を踏襲するような内容で、途中で若干飽きが出て来た。 一番の衝撃は今作の主人公の妻が、故人と思われていた霧絵だった事。
    高宮朱雀
    2021年06月19日
    7人がナイス!しています
  • 黒衣の巫女無双!!もっと理不尽でもよかったのですが、最後は割とあっさり…。。霧絵さんはよかったです(霧絵ときいて某ホラゲを思い出しました)あと那々木さん好きです!これからも活躍?見たいです! 黒衣の巫女無双!!もっと理不尽でもよかったのですが、最後は割とあっさり…。。霧絵さんはよかったです(霧絵ときいて某ホラゲを思い出しました)あと那々木さん好きです!これからも活躍?見たいです!
    はいね
    2021年06月17日
    6人がナイス!しています
  • 前作で那々木さんの造形が稗田礼二郎ぽいとは思っていたけど、今回は完全に妖怪ハンター+死国な展開になって面白かった。前作はどうしてもとある事に気付くと「うーん」ってなっちゃうんだけど、今作は人類は愚か… 前作で那々木さんの造形が稗田礼二郎ぽいとは思っていたけど、今回は完全に妖怪ハンター+死国な展開になって面白かった。前作はどうしてもとある事に気付くと「うーん」ってなっちゃうんだけど、今作は人類は愚か…だけではなくイイハナシダナー要素もあって、オチは途中で気付くものの(むしろ気付けるようになってる)、犯人など全部繋がっていくので満足度が高い。北海道が舞台だけど、アイヌ絡みではなく開拓者が持ち込んだ&持ち込まれた祭祀が…という展開が良い。新キャラも追加されたので次作も楽しみ〜! …続きを読む
    たけとり
    2021年06月21日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品