ぬばたまの黒女 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2021年06月15日
商品形態:
電子書籍

ぬばたまの黒女

  • 著者 阿泉 来堂
発売日:
2021年06月15日
商品形態:
電子書籍

『ナキメサマ』の著者が送る、ホラーエンタメド直球のどんでん返し第2弾!

神出鬼没のホラー作家にして怪異譚蒐集家・那々木悠志郎再び登場!
生まれ故郷の村が近隣の町に吸収合併されると知り、十二年ぶりに道東地方の寒村、皆方村を訪れた井邑陽介。
妊娠中で情緒不安定の妻から逃げるように里帰りした陽介は、かつての同窓生から、村の精神的シンボルだった神社一族が火事で焼失し、憧れだった少女が亡くなっていたことを告げられる。
さらに焼け跡のそばに建立された新たな神社では全身の骨が折られた死体が発見されるという、壮絶な殺人事件が起こっていた――。深夜、陽介と友人たちは、得体のしれない亡霊が村内を徘徊する光景を目撃し、そして事件は起こった――。
果たして村では何が行われているのか。異端のホラー作家那々木が挑む、罪と償いの物語。『ナキメサマ』の著者が送る、ホラーエンタメド直球のどんでん返しホラー第2弾!

メディアミックス情報

NEWS

「ぬばたまの黒女」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 2時間ホラーの一冊。まさに2時間サスペンスならぬ2時間ホラー。サクッと楽しめた。舞台は主人公が12年振りに帰郷した道東地方の寒村。村人の神的存在の神社を軸に同級生との懐かしい再会の傍らで起きた骨が砕か 2時間ホラーの一冊。まさに2時間サスペンスならぬ2時間ホラー。サクッと楽しめた。舞台は主人公が12年振りに帰郷した道東地方の寒村。村人の神的存在の神社を軸に同級生との懐かしい再会の傍らで起きた骨が砕かれた奇妙な殺人事件。何者の仕業か、果たしてこの世の出来事なのか、ただでさえ閉塞感と陰鬱な世界観に幽世のようなまるで白昼夢のような世界が相まって村の謎を盛り上げる。懺悔と称するような人の心の暗部、過去を抉り出し向き合わせるのはなかなかの読み応え。そして、全てがくるりんと…!あぁ!帰郷の目的がストンと腑に落ちた。 …続きを読む
    ちょろこ
    2021年09月09日
    131人がナイス!しています
  • 那々木悠志郎シリーズ第2彈。今回も先が気になり一気読み。これ実際に遭遇したら恐怖で失神しそう。こんなやられ方嫌だ~💦 前作をふまえて警戒しながら読んだけど、最後のあの人の正体には気づけなかったわ。 那々木悠志郎シリーズ第2彈。今回も先が気になり一気読み。これ実際に遭遇したら恐怖で失神しそう。こんなやられ方嫌だ~💦 前作をふまえて警戒しながら読んだけど、最後のあの人の正体には気づけなかったわ。それにしても今回の登場人物もみんな色々とアレだな。特に井邑陽介はひどい。まず妻の妊娠を知って逃げ出してしまうとか最低。帰郷してからも、早めにみんなに言っておけばここまでの大惨事にならなかったかも。そういうクズな感じも含めてこのシリーズが好きなので、次作も期待してます! …続きを読む
    さっちゃん
    2021年09月12日
    65人がナイス!しています
  • 名探偵にして作家・那々木悠志郎再登場!あれ、こんな積極的だったっけ?今回は合併に伴い消える故郷に戻って来た同級生たちが遭遇する怪異。誰もが密かに抱える罪悪感を餌に増殖する怪異。残虐な死に様。ホラー要素 名探偵にして作家・那々木悠志郎再登場!あれ、こんな積極的だったっけ?今回は合併に伴い消える故郷に戻って来た同級生たちが遭遇する怪異。誰もが密かに抱える罪悪感を餌に増殖する怪異。残虐な死に様。ホラー要素もだが、ミステリーとしての才覚を感じる。あえて突っ込むなら、起源不明の三門神社の件をもっと詳しく描いて欲しかったかな、三冊分くらい。怖さが増したはず。主人公の妻との関係、父親との確執、旧友たちの想いなど、罪悪感というキーワードへの伏線の伏せ方には見事にやられた。そして那々木さんの謎はますます深まるばかり。 …続きを読む
    眠る山猫屋
    2021年06月24日
    50人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品