権記 ビギナーズ・クラシックス 日本の古典

権記 ビギナーズ・クラシックス 日本の古典 電子版

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2021年09月18日
商品形態:
電子書籍

権記 ビギナーズ・クラシックス 日本の古典

  • 著 藤原 行成
  • 編 倉本 一宏
発売日:
2021年09月18日
商品形態:
電子書籍

平安貴族たちの多忙で勤勉な毎日。藤原道長の側近が残した宮廷日記。

天皇の側近である蔵人頭に抜擢され、一条天皇や東三条院、藤原道長の篤い信任を得て昇進を重ね、権大納言にまで上りつめた藤原行成。彼が書き残した摂関期の日記が『権記』である。宮廷の政治や儀式がこと細かく記録されており、当時の政務運営や権力中枢の深奥、秘事までが把握できる貴重な史料といえる。貴族たちの知られざる日常生活を記した興味深い出来事を厳選し、原文・現代語訳と書き下し文、コラムと解説を収載する。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「権記 ビギナーズ・クラシックス 日本の古典」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 平安貴族の中で誰が一番好きかと言われたら、真っ先に「藤原行成!」と答える(←こんな質問されたことないけど(笑))。私の中のイメージは堅物で真面目で字が上手な貴公子、だったけど、この本の解説を読むと野心 平安貴族の中で誰が一番好きかと言われたら、真っ先に「藤原行成!」と答える(←こんな質問されたことないけど(笑))。私の中のイメージは堅物で真面目で字が上手な貴公子、だったけど、この本の解説を読むと野心家な一面や独特の宗教観を持っていたことが分かった。平安貴族はとにかく雅で宴や歌会を開催していた印象が強いけど、政権の実務を担う公卿公達はとにかく忙しいということがも良くわかる。今とは風俗が違い過ぎるところも興味深い。解説と共に読む日記はとにかく面白い!現存する権記の全てについて解説して欲しいな。 …続きを読む
    しゅてふぁん
    2021年10月02日
    57人がナイス!しています
  • 講談社学術文庫版に挫折したので、こっちを先に。。。 最近買ったはいいが挫折が多い。。。 講談社学術文庫版に挫折したので、こっちを先に。。。 最近買ったはいいが挫折が多い。。。
    若黎
    2021年10月23日
    5人がナイス!しています
  • 平安貴族の日記。この時代のことに関してはよく知らないがそこはビギナーズクラシックス、誰でも読めるように作ってくれている。解説は充実。 児を亡くした事、遊びで詩を詠んだ事、夜盗に襲われた事、宮廷の事、夢 平安貴族の日記。この時代のことに関してはよく知らないがそこはビギナーズクラシックス、誰でも読めるように作ってくれている。解説は充実。 児を亡くした事、遊びで詩を詠んだ事、夜盗に襲われた事、宮廷の事、夢の話等々。貴族が何故日記を書いたのか。現代と違い単なる個人的手記とは異なっていた。最も興味深かったのは立太子の話。誰を皇太子とするかで一条天皇と道長の希望が食い違う中、先例を引きながら理を滔々と述べるのは如何にも王朝の能吏という気がした。 …続きを読む
    さくさく
    2021年10月29日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品