向島・箱屋の新吉 新章(三)決断の刻

向島・箱屋の新吉 新章(三)決断の刻

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2022年12月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041114254
label

向島・箱屋の新吉 新章(三)決断の刻

  • 著者 小杉 健治
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2022年12月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041114254

新章ついに完結! 巨大な陰謀に対し、新吉の決断はいかに!?

『桔梗家』の芸者・お葉とともに客の利三郎を見送った箱屋の新吉に、同心の梶井扇太郎が声を掛けてきた。梶井は、「闇猿」という盗人を追っているという。彼は、最近お葉の客になった利三郎を怪しんでいるようだった。そんななか、南町奉行の退任が決まり、後任には不正の疑いのある八巻清貞が浮上してきた。強盗などの治安の悪化の黒幕に、八巻がいると睨む梶井は、新吉に協力を求めるが……。新章三部作、待望の完結編。
『桔梗家』の芸者・お葉とともに客の利三郎を見送った箱屋の新吉に、同心の梶井扇太郎が声を掛けてきた。梶井は、「闇猿」という盗人を追っているという。彼は、最近お葉の客になった利三郎を怪しんでいるようだった。そんななか、南町奉行の退任が決まり、後任には不正の疑いのある八巻清貞が浮上してきた。強盗などの治安の悪化の黒幕に、八巻がいると睨む梶井は、新吉に協力を求めるが……。新章三部作、待望の完結編。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

 
目 次

第一章 錠前破り

第二章 決 断

第三章 侵 入

第四章 罠

同じシリーズの作品

「向島・箱屋の新吉 新章(三)決断の刻」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 新章も完結してしまった。 新章も完結してしまった。
    真理そら
    2023年01月06日
    39人がナイス!しています
  • シリーズ6冊目。新章3冊目ですが完結編と。新吉を襲ってきていた相手は倒したものの、お葉やお琴のこれからはわからないままなので、本当に完結?手感じです。 シリーズ6冊目。新章3冊目ですが完結編と。新吉を襲ってきていた相手は倒したものの、お葉やお琴のこれからはわからないままなので、本当に完結?手感じです。
    陽ちゃん
    2023年02月04日
    7人がナイス!しています
  • 向島で芸者お葉の箱屋をやっている新吉に正体不明の「茂太」の元へ雇われたらしい刺客が次から次へとやってきます。一体なぜ、といった謎がついにここで明かされます。これで新章も「完」なのかという印象を受けたの 向島で芸者お葉の箱屋をやっている新吉に正体不明の「茂太」の元へ雇われたらしい刺客が次から次へとやってきます。一体なぜ、といった謎がついにここで明かされます。これで新章も「完」なのかという印象を受けたのですが、お琴の移籍問題もまだ解決していないので、続くのかな。 …続きを読む
    アニータ
    2024年01月10日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品