異常心理犯罪捜査官・氷膳莉花 剥皮の獣

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年06月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784049137781

異常心理犯罪捜査官・氷膳莉花 剥皮の獣

  • 著者 久住 四季
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年06月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784049137781

首から上の皮を持ち去る殺人鬼の正体は!? 大人気シリーズ、待望の第2巻

奥多摩署勤務となった莉花は地域課から刑事課へ復帰を果たす。時同じくして、潜伏中の強盗犯が廃屋で殺害される事件が発生。なぜか被害者の首から上の皮膚は剥がされ、持ち去られていた。
この異様な事件は複雑な様相を呈していく。なぜ逃走中の強盗犯を狙ったのか。そして首から上の皮膚を剥ぎ取ったのは一体? 解決にこだわる莉花は禁じ手に打って出る。それは悪魔の犯罪心理学者、阿良谷と取引することだった。
すべてが明らかになったとき、貴方は震撼する!


登場人物
氷膳莉花(ひぜん りか)
警視庁奥多摩署の新米刑事。どんなことにも動じないため、付いたあだ名は「雪女」。事件解決のためにとった過去の問題行動により、同僚からは疎まれている。

阿良谷静(あらや しずか)
未決死刑囚。若くして名を成した天才的な犯罪心理学者であったが、一方で数々の犯罪を計画。その頭にはあらゆる事件のデータが収まっているとされる。

仙波和馬(せんば かずま)
警視庁捜査一課の警部補。殺人犯捜査第四係、仙波班を率いる。数々の現場を踏んだ百戦錬磨の猛者。莉花とは過去の事件解決の際に縁があり、気にかけている。

もくじ

プロローグ
第一話「黒い廃屋」
インタールード
第二話「慟哭の少女」
第三話「怪物のささやき」
第四話「骨は拾わない」
第五話「剥皮の夜」
エピローグ
あとがき

登場人物

氷膳莉花

警視庁奥多摩署の新米刑事。どんなことにも動じないため、付いたあだ名は「雪女」。事件解決のためにとった過去の問題行動により、同僚からは疎まれている。

阿良谷静

未決死刑囚。若くして名を成した天才的な犯罪心理学者であったが、一方で数々の犯罪を計画。その頭にはあらゆる事件のデータが収まっているとされる。

仙波和馬

警視庁捜査一課の警部補。殺人犯捜査第四係、仙波班を率いる。数々の現場を踏んだ百戦錬磨の猛者。莉花とは過去の事件解決の際に縁があり、気にかけている。

  • カドフェス2021
    カドフェス2021

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

最近チェックした商品