異常心理犯罪捜査官・氷膳莉花 怪物のささやき

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年10月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784049135046

異常心理犯罪捜査官・氷膳莉花 怪物のささやき

  • 著者 久住 四季
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年10月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784049135046

猟奇犯罪を追うのは、 異端の若き犯罪心理学者×冷静すぎる新人女性刑事!

都内で女性の連続殺人事件が発生。異様なことに死体の腹部は切り裂かれ、臓器が丸ごと欠損していた。
捜査は難航。指揮を執る皆川管理官は、所轄の新人刑事・氷膳莉花に密命を下す。それはある青年の助言を得ること。阿良谷静──異名は怪物。犯罪心理学の若き准教授として教鞭を執る傍ら、数々の凶悪犯罪を計画。死刑判決を受けたいわくつきの人物だ。
阿良谷の鋭い分析と莉花の大胆な行動力で、二人は不気味な犯人へと迫る。最後にたどり着く驚愕の真相とは?


登場人物
氷膳莉花(ひぜん りか)
警視庁江東署の新人刑事。どんなことにも動じないため、付いたあだ名は「雪女」。新米らしからぬ冷静さと大胆さを併せ持つ。

阿良谷静(あらや しずか)
未決死刑囚。天才的な犯罪心理学者であったが、一方で数々の犯罪を計画。その頭にはあらゆる事件のデータが詰まっているとされる。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

プロローグ
第一話「想像力なき者の犯罪」
インタールード
第二話「殺人鬼の憂鬱」
インタールード
第三話「最後の事件」
エピローグ
あとがき

登場人物

氷膳莉花

警視庁江東署の新人刑事。どんなことにも動じないため、付いたあだ名は「雪女」。新米らしからぬ冷静さと大胆さを併せ持つ。

阿良谷静

未決死刑囚。天才的な犯罪心理学者であったが、一方で数々の犯罪を計画。その頭にはあらゆる事件のデータが収まっているとされる。

メディアミックス情報

NEWS

「異常心理犯罪捜査官・氷膳莉花 怪物のささやき」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • タイトル通り猟奇殺人のお話。そして莉花の複雑な生い立ちや、犯罪に手を染めた犯罪心理学者が絡んできて面白かった。 タイトル通り猟奇殺人のお話。そして莉花の複雑な生い立ちや、犯罪に手を染めた犯罪心理学者が絡んできて面白かった。
    坂城 弥生
    2022年01月11日
    51人がナイス!しています
  • 臓器を抜き取られ殺される女性達。その事件に難航する莉花は自身の両親が殺された事件を担当した縁のある皆川管理官からの頼みである高遠系犯罪学者、静にアドバイスをもらうことに・・・。今回は警察関係だからかお 臓器を抜き取られ殺される女性達。その事件に難航する莉花は自身の両親が殺された事件を担当した縁のある皆川管理官からの頼みである高遠系犯罪学者、静にアドバイスをもらうことに・・・。今回は警察関係だからかお堅い真面目な久住さんだけど(表紙がイラストじゃないのも初)莉花の造形から凄惨な感じはあまりないし、最初から面倒見の良さと刑事魂を隠せてない仙波主任の警告もあってか、ミステリより雪女と称される彼女自身の刑事ドラマに焦点を当てた話。堅実で手堅く、キャラの性格と物語が噛み合った作品。仙波主任良かったし。 …続きを読む
    雪紫
    2020年10月28日
    41人がナイス!しています
  • 表紙から内藤了のシリーズを想像して思わず手が出る。負けず劣らずグロい事件に挑むのは若い女性刑事。死刑囚の心理学者に助言を求めにいくシーンに藤堂比奈子シリーズを思い出すと同時に、『羊たちの沈黙』を思い出 表紙から内藤了のシリーズを想像して思わず手が出る。負けず劣らずグロい事件に挑むのは若い女性刑事。死刑囚の心理学者に助言を求めにいくシーンに藤堂比奈子シリーズを思い出すと同時に、『羊たちの沈黙』を思い出さずにはいられない。まるでFBIの実習生クラリスとレクター博士。単独行動が多くてこの先も心配。まだ魅力的というところまでは行かないから今後に期待。「けれど」が多すぎる気がするんですけれど(笑)。それが気になりすぎて、見開きで何回出てくるか数えてしまったじゃないですか。私の中ではすっかり「けれどの莉花ちゃん」。 …続きを読む
    Kazuko Ohta
    2021年03月10日
    37人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品