彩雲国物語 十三、黎明に琥珀はきらめく

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年07月16日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041110577

彩雲国物語 十三、黎明に琥珀はきらめく

  • 著者 雪乃 紗衣
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年07月16日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041110577

秀麗は、窮地の友を救えるのか──。待望の「紅家編」がいよいよスタート。

藍州から帰還した監察御史の紅秀麗に驚きの報せが届いた。突然、吏部侍郎の李絳攸が投獄されたというのだ。罪状は、侍郎として、尚書・紅黎深の職務怠慢を止められなかったというもの。さらに絳攸を投獄したのは、秀麗の天敵である御史・陸清雅だという。絳攸を救うために立ち上がった秀麗は、葵皇毅御史台長官に彼の弁護を願いでるのだが……。アナザーエピソード「お伽噺のはじまりは」を収録した超人気シリーズ、第13弾。
  • カドフェス2021
    カドフェス2021

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「彩雲国物語 十三、黎明に琥珀はきらめく」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • そろそろ冒頭に登場人物紹介 とか欲しいな。 政に疎い皇帝の傍にいた力の強い二家が削がれていく。文鳥はちょっとしんみりします。秀麗も少しずつ成長していますね。 そろそろ冒頭に登場人物紹介 とか欲しいな。 政に疎い皇帝の傍にいた力の強い二家が削がれていく。文鳥はちょっとしんみりします。秀麗も少しずつ成長していますね。
    ルシュエス
    2021年07月17日
    14人がナイス!しています
  • 面白かった。 面白かった。
    葛宮詠
    2021年07月17日
    3人がナイス!しています
  • 紅家編開幕。 紅家編開幕。
    小杜桜香
    2021年07月24日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品