彩雲国物語 十一、青嵐にゆれる月草

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年09月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784041087442

彩雲国物語 十一、青嵐にゆれる月草

  • 著者 雪乃 紗衣
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年09月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784041087442

劉輝の妃候補に暗殺計画が!? 秀麗は新たな難題に立ち向かう。

新たな職場・御史台で働き始めた紅秀麗。新米の監察御史として、天才で天敵の美青年・陸清雅と張り合う秀麗に、大きな仕事が舞い込んだ。それは、王・劉輝の妃候補として命を狙われている、藍家の十三姫の「身代わり」として、後宮に入ること。劉輝のお妃問題に、揺れる秀麗の乙女心、そして妹を後宮に入れる藍楸瑛の苦悩の行方は──。超人気中華風ファンタジー第11弾! アナザーエピソード「心の友へ藍を込めて」「夢は現に降りつもり」を収録。

メディアミックス情報

NEWS

「彩雲国物語 十一、青嵐にゆれる月草」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 御史台に配属された秀麗の最初の仕事は、劉輝の妃候補で命を狙われている十三姫の身代わりになること。でも、それだけではなく、裏ではもうひとつ別の陰謀があった。十三姫のことはわりとさらっと解決したが、事件の 御史台に配属された秀麗の最初の仕事は、劉輝の妃候補で命を狙われている十三姫の身代わりになること。でも、それだけではなく、裏ではもうひとつ別の陰謀があった。十三姫のことはわりとさらっと解決したが、事件の全貌はまだ見えていない。次巻に続く、かな。想う人がいながら約束を守るため後宮に入ろうとする十三姫。楸瑛も王の側近として生きるか家をとるか悩み、劉輝も難しい立場に立たされる。大切だからこそその気持ちに名前をつけない秀麗と、ただ信じて見守る劉輝の恋。みんな思うようにいかず複雑だ。 …続きを読む
    mayu
    2021年02月27日
    72人がナイス!しています
  • 新版、最新刊。秀麗の御史台での仕事が始まりました。清雅ファンを一気に増やし虜にした(?)あのシーンも収録されています♡十三姫、迅初登場。藍家の思惑が背中にグッと迫って来るのを感じるストーリー。劉輝は劉 新版、最新刊。秀麗の御史台での仕事が始まりました。清雅ファンを一気に増やし虜にした(?)あのシーンも収録されています♡十三姫、迅初登場。藍家の思惑が背中にグッと迫って来るのを感じるストーリー。劉輝は劉輝で、絳攸、楸瑛が離れてしまうのか?という難しい問題を抱えていて、決断を迫られます。十三姫暗殺事件は表面上解決したけど、事件の全貌はまだ全然見えない感じ。このシリーズは全体通して「ん?どういうこと?」となりそうな伏線がたくさんあるので、全てを一読してから読んだ方が、神視点になれてより面白いと思います。 …続きを読む
    あっか
    2020年10月24日
    69人がナイス!しています
  • 前作ではタイムリミットギリギリになんとか就職先(御史台)の決まった秀麗ちゃん。とはいうものの、周り中敵⁉だらけのようなところで前途多難な幕開けです。今回の仕事は、劉輝のもとに妃候補として送り込まれる藍 前作ではタイムリミットギリギリになんとか就職先(御史台)の決まった秀麗ちゃん。とはいうものの、周り中敵⁉だらけのようなところで前途多難な幕開けです。今回の仕事は、劉輝のもとに妃候補として送り込まれる藍家の十三姫(←命を狙われている⁉)の身代わりとして後宮に入るという任務を与えられます。しかし、清雅といい、皇毅といいかりにも紅家のお姫さまである秀麗ちゃんになんたる態度と私が変わりに憤慨しちゃいます。毎回思うことですが秀麗ちゃんの持っている人脈のすごいコト・・。情報から蚊帳の外に置かれているように見えて実は …続きを読む
    えみちゃん
    2020年10月23日
    28人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品