まち歩きが楽しくなる 水路上観察入門

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年04月27日
判型:
A5判
商品形態:
単行本
ページ数:
176
ISBN:
9784041110256

まち歩きが楽しくなる 水路上観察入門

  • 著者 吉村 生
  • 著者 高山 英男
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年04月27日
判型:
A5判
商品形態:
単行本
ページ数:
176
ISBN:
9784041110256

まちに潜む水路のあとに気がつけば、驚きと発見がいっぱい!

コンクリートで蓋をされ、アスファルトで埋められて、道路へと変えられた川や水路たち。かつての水面が地面になったもの、それが「水路上」である。
道路の亀裂でわかる川の跡、ガードレールになった橋の欄干、水車の形を模した遊具――全国各地の水路上を歩いた2人のマニアによる、偏愛に満ちた入門書!


【目次】

第1部 “水路上”観察入門 ~路であって路ではない~

第1章 街角の違和感にはわけがある
 1 細長い公園の秘密を探る
 2 せめぎあいが生んだ芸術的配列
 3 珍しい遊具に秘められた記憶
 
第2章 “水路上”のもつ特徴
 1 見ることのできる裏側
 2 境界をつくるもの
 3 複雑怪奇なその歴史

第3章 水の記憶のしたたかさ
 1 唐突にある謎の池
 2 失われた幻の弁財天

コラム1 “水路上”から“水”路上へ

コラム2 路上が“水”路上に変わるとき

第2部 “水”路上観察入門 ~かつての水路を愉しむ~

第1章 “水”路上とは何か
 1 路上のフラジリティ
 2 “水”路上のいま
 3 水辺、草萌える場所
 4 よどみへのまなざし

第2章 水面からの視線
 1 水面から見上げるもの
 2 蓋on蓋~“水”路上にかかるもうひとつの蓋~
 3 川岸としての擁壁を味わう

第3章 水の名残りとしての橋
 1 かつての水路に残る「暗橋(あんきょう)」
 2 「野良」暗橋はロックだ!
 3 はみだす暗橋たち

もくじ

第1部 “水路上”観察入門 ~路であって路ではない~

第1章 街角の違和感にはわけがある
 1 細長い公園の秘密を探る
 2 せめぎあいが生んだ芸術的配列
 3 珍しい遊具に秘められた記憶
 
第2章 “水路上”のもつ特徴
 1 見ることのできる裏側
 2 境界をつくるもの
 3 複雑怪奇なその歴史

第3章 水の記憶のしたたかさ
 1 唐突にある謎の池
 2 失われた幻の弁財天

コラム1 “水路上”から“水”路上へ

コラム2 路上が“水”路上に変わるとき

第2部 “水”路上観察入門 ~かつての水路を愉しむ~

第1章 “水”路上とは何か
 1 路上のフラジリティ
 2 “水”路上のいま
 3 水辺、草萌える場所
 4 よどみへのまなざし

第2章 水面からの視線
 1 水面から見上げるもの
 2 蓋on蓋~“水”路上にかかるもうひとつの蓋~
 3 川岸としての擁壁を味わう

第3章 水の名残りとしての橋
 1 かつての水路に残る「暗橋(あんきょう)」
 2 「野良」暗橋はロックだ!
 3 はみだす暗橋たち

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

最近チェックした商品