祈りのカルテ

ドラマ化作品

祈りのカルテ

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041109809
label

ドラマ化作品

祈りのカルテ

  • 著者 知念 実希人
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2021年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041109809

5つの感動がここに。連作医療ミステリ!

諏訪野良太(すわのりょうた)は、純正会医科大学附属病院の研修医。初期臨床研修で、内科、外科、小児科など、様々な科を回っている。
ある夜、睡眠薬を大量にのんだ女性が救急搬送されてきた。その腕には、別れた夫の名前が火傷(やけど)で刻まれていた。
離婚して以来、睡眠薬の過剰摂取を繰り返しているというが、諏訪野は女性の態度と行動に違和感を覚える。
彼女はなぜか、毎月5日に退院できるよう入院していたのだ――(「彼女が瞳を閉じる理由」)。

初期の胃がんの内視鏡手術を拒否する老人や、循環器内科に入院した我が儘な女優など、驚くほど個性に満ちた5人の患者たちの謎を、新米医師、諏訪野良太はどう解き明かすのか。

「彼」は、人の心を聴ける医師。心震える連作医療ミステリ!
諏訪野良太(すわのりょうた)は、純正会医科大学附属病院の研修医。初期臨床研修で、内科、外科、小児科など、様々な科を回っている。
ある夜、睡眠薬を大量にのんだ女性が救急搬送されてきた。その腕には、別れた夫の名前が火傷(やけど)で刻まれていた。
離婚して以来、睡眠薬の過剰摂取を繰り返しているというが、諏訪野は女性の態度と行動に違和感を覚える。
彼女はなぜか、毎月5日に退院できるよう入院していたのだ――(「彼女が瞳を閉じる理由」)。

初期の胃がんの内視鏡手術を拒否する老人や、循環器内科に入院した我が儘な女優など、驚くほど個性に満ちた5人の患者たちの謎を、新米医師、諏訪野良太はどう解き明かすのか。

「彼」は、人の心を聴ける医師。心震える連作医療ミステリ!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

「祈りのカルテ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 5話短篇連作+ミニミニエピローグ。研修医が主人公という設定が効いていますね。次々と別の科に転籍して行きますから。総合病院で、精神科、外科、皮膚科、小児科、(循環器系)内科と廻ってね。各科の特色や難しさ 5話短篇連作+ミニミニエピローグ。研修医が主人公という設定が効いていますね。次々と別の科に転籍して行きますから。総合病院で、精神科、外科、皮膚科、小児科、(循環器系)内科と廻ってね。各科の特色や難しさ等を現役医師が内側から語るので、リアリティがあって良いですね。流石ですね。そして、その患者さんの抱える問題やら、秘密(?)の謎に迫って行くスタイル。病気や怪我等々は痛々しいけど、基本ホッとする結果に安心安定です( ¨̮ )。知念さんは内科医さんなので、内科推しなのかな? 別の科の話も読んでみたいですね。 …続きを読む
    mae.dat
    2023年10月14日
    295人がナイス!しています
  • 医療現場を舞台として、若き研修医が主人公。研修医の諏訪野は、大病院内の様々な科を研修で巡る中で自分に相応しい科を模索する。その中で様々な病状を抱えた患者に対峙し、情熱をもって心を開いていく。単に感動的 医療現場を舞台として、若き研修医が主人公。研修医の諏訪野は、大病院内の様々な科を研修で巡る中で自分に相応しい科を模索する。その中で様々な病状を抱えた患者に対峙し、情熱をもって心を開いていく。単に感動的な医療物語ではなく、固くなに閉ざした患者の心を推し量る推理や考察の面白さは、専門的な医療現場を知る知念氏だからこそ、描くことができる。若さゆえに、時として危なっかしい場面もあるが、誠実に、患者に寄り添う医師としての理想の姿を見せ、命を預かる医師としての確かな自覚を高めていく研修医の成長を描いている。 …続きを読む
    bunmei
    2021年03月28日
    271人がナイス!しています
  • 初読み作家さん。研修医が病院内で起こる謎を解き明かす連作短編ミステリー。精神科、外科、内科、皮膚科と研修先で一癖ある患者と向き合う真摯な姿勢が好ましい。病気を治すことは人を思いやること、良太のコミュニ 初読み作家さん。研修医が病院内で起こる謎を解き明かす連作短編ミステリー。精神科、外科、内科、皮膚科と研修先で一癖ある患者と向き合う真摯な姿勢が好ましい。病気を治すことは人を思いやること、良太のコミュニケーション力が羨ましい。まさに「医は仁術なり」ですね★3※バチスタ系と思いきやERのような人間味あふれるハートフルな読み物でした。ただ、ちょっと「泣ける」の帯に惑わされたけど、次は「仮面病棟」を読んでみたい。 …続きを読む
    ALATA
    2023年04月13日
    183人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品