祈りのカルテ 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2021年02月25日
商品形態:
電子書籍

祈りのカルテ

  • 著者 知念 実希人
発売日:
2021年02月25日
商品形態:
電子書籍

5つの感動がここに。連作医療ミステリ!

諏訪野良太(すわのりょうた)は、純正会医科大学附属病院の研修医。初期臨床研修で、内科、外科、小児科など、様々な科を回っている。
ある夜、睡眠薬を大量にのんだ女性が救急搬送されてきた。その腕には、別れた夫の名前が火傷(やけど)で刻まれていた。
離婚して以来、睡眠薬の過剰摂取を繰り返しているというが、良太は女性の態度と行動に違和感を覚える。
彼女はなぜか、毎月5日に退院できるよう入院していたのだ――(「彼女が瞳を閉じる理由」)。

初期の胃がんの内視鏡手術を拒否する老人や、循環器内科に入院した我が儘な女優など、驚くほど個性に満ちた5人の患者たちの謎を、新米医師、良太はどう解き明かすのか。

「彼」は、人の心を聴ける医師。こころ震える連作医療ミステリ!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「祈りのカルテ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 研修医・諏訪野が、各診療科で出逢った様々な患者とのコミュニケーションを経て、自身の専門を決めるまでの物語。患者が表に出さない様々な真相を諏訪野医師が解きほぐすという基本構造は同じだが、診療科の特性に応 研修医・諏訪野が、各診療科で出逢った様々な患者とのコミュニケーションを経て、自身の専門を決めるまでの物語。患者が表に出さない様々な真相を諏訪野医師が解きほぐすという基本構造は同じだが、診療科の特性に応じたドラマになっていて飽きない。秀逸は、循環器内科の「胸に嘘を秘めて」でしょうか。患者が心に秘めた真の願い。涙腺を刺激されました。あとは消化器外科の「悪性の境界線」。内視鏡手術で済むのに、開腹手術を望む患者の思いが、これも切なくも暖かい。医療ミステリーという訳でもないが、とても楽しめる満足の一冊。 …続きを読む
    ponpon
    2021年02月28日
    48人がナイス!しています
  • 文庫本で再読。研修医の諏訪野が5つの研修先をまわりながら進む道を考え成長していくのを背景に、なぞを解決していくお話。医療ものではあるけれど専門的知識は必要なく、動機に重きが置かれた作品。近刊の傷痕のメ 文庫本で再読。研修医の諏訪野が5つの研修先をまわりながら進む道を考え成長していくのを背景に、なぞを解決していくお話。医療ものではあるけれど専門的知識は必要なく、動機に重きが置かれた作品。近刊の傷痕のメッセージも楽しみです。 …続きを読む
    はーちゃん
    2021年02月28日
    23人がナイス!しています
  • 「人の心を聴ける医師」とは 少し語弊があるような気もするが。研修医、諏訪野良太が5つの科を回る中で患者に関わる謎と向き合う連作短編集。彼は人の心に寄り添い、気持ちに真摯に向き合う医師だ。ミステリーとい 「人の心を聴ける医師」とは 少し語弊があるような気もするが。研修医、諏訪野良太が5つの科を回る中で患者に関わる謎と向き合う連作短編集。彼は人の心に寄り添い、気持ちに真摯に向き合う医師だ。ミステリーというより日常の謎の類い。思ったよりもハートウォーミング。医療ものとしては個人的には『最後の医者は〜』の方が好みではあるが、この諏訪野良太が医者となって登場する作品がいくつかあるとのことで、それらを読んでみたいとは思った。また、折り込みダイジェストで入っていた『傷痕のメッセージ』に惹き込まれ、気になってしまった。 …続きを読む
    kaoriction@感想は気まぐれに
    2021年02月28日
    22人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品