試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041108949

天翔ける

  • 著者 葉室 麟
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041108949

日本の礎は、この男によって築かれた。松平春嶽を描く、傑作歴史長編!

幕末、福井藩は激動の時代のなか藩の舵取りを定めきれず大きく揺れていた。決断を迫られた藩主・松平春嶽の前に現れたのは坂本龍馬を名乗る一人の若者。明治維新の影の英雄、雄飛の物語がいまはじまる。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「天翔ける」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 幕末から明治維新に至る正に沸騰した時代の流れの中にあって、越前福井藩主松平春嶽らの静かではあるが、そんな中にも確たる信念が心に沁みる。幕末を描いた作品は数多あれど、葉室さんの知識に裏打ちされ、「私」が 幕末から明治維新に至る正に沸騰した時代の流れの中にあって、越前福井藩主松平春嶽らの静かではあるが、そんな中にも確たる信念が心に沁みる。幕末を描いた作品は数多あれど、葉室さんの知識に裏打ちされ、「私」が根底にある権謀術策ではなく、「公」のためとした時代の英傑たちの清廉な気概が心地よい。時代の転換点、難しい時期であったのだろう。それまでの歴史を振り返れば…ラストの春嶽と西郷の対峙の場面はしんとして切ないまでに美しい。巻末の朝井まかてさんの解説を読んで、改めて落涙。いい作品でした。 …続きを読む
    あさひ@WAKABA NO MIDORI TO...
    2022年06月25日
    147人がナイス!しています
  • 幕末から明治維新にかけては、興味があるが、複雑すぎてよくわからない。しかし、この作品を読み、坂本龍馬、西郷隆盛、勝海舟といった、歴史の授業で習った人達が、その時代に、どのような役割を担っていたのかを、 幕末から明治維新にかけては、興味があるが、複雑すぎてよくわからない。しかし、この作品を読み、坂本龍馬、西郷隆盛、勝海舟といった、歴史の授業で習った人達が、その時代に、どのような役割を担っていたのかを、少しは垣間見ることができた。 …続きを読む
    てつのすけ
    2021年10月11日
    39人がナイス!しています
  • 松平春嶽を通して見る幕末の動き、他作品で得た知識にまた一層の立体感を綾どり興味深い。志半ばで倒れた橋本佐内、横井小楠そして龍馬、多くの若者の死屍累々の犠牲のなかで近代日本がスタ-ト。葉室氏らしい人間と 松平春嶽を通して見る幕末の動き、他作品で得た知識にまた一層の立体感を綾どり興味深い。志半ばで倒れた橋本佐内、横井小楠そして龍馬、多くの若者の死屍累々の犠牲のなかで近代日本がスタ-ト。葉室氏らしい人間としての生き様を貫くようなドラマはないのだが、この時代はすでにそんなことを描く必要すらない熱い時代だったのだろうと想像。 …続きを読む
    kawa
    2021年04月23日
    39人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品